コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金東仁 きんとうじん

3件 の用語解説(金東仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金東仁
きんとうじん

「キム・ドンイン (金東仁)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金東仁【きんとうじん】

朝鮮の小説家。東京留学中に文芸同人誌《創造》(1919年)を発行し,そこに《弱き者の悲しみ》を発表する。以後,先輩の李光洙を意識し,彼の文学を啓蒙主義とみなし純文学をめざし,《舟歌》《笞刑》《甘藷》《赤い山》など様々な傾向の作品を書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんとうじん【金東仁 Kim Tong‐in】

1900‐51
朝鮮の作家。平壌出身。号は琴童。日本留学中の1919年に朝鮮初の文芸同人誌《創造》を創刊。言文一致を一歩進めた個性的な文章,簡潔な叙述と単一な構成,作中人物の個性的な性格創造により,朝鮮における近代的短編小説の確立者とされる。性と金銭に溺れ道徳的に破滅して死にいたるヒロインを描く《甘藷》(1925)はその代表作。彼はしばしばこうした衝撃的題材を好み,《狂炎ソナタ》《狂画師》《大首陽》なども反良識,反常識の挑戦的作品だが,思想的奥行に欠け《金実伝》では暴露趣味に堕している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金東仁の関連キーワード李人稙石潤基火計ASCOJA北朝鮮のミサイル発射凍結韓国併合で日本に渡った朝鮮人北朝鮮の鉱物資源安在鴻金教臣朝鮮作家同盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone