コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金田一 きんだいち

3件 の用語解説(金田一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金田一
きんだいち

岩手県北西部,二戸市北東部にある地区。旧村名。 1972年福岡町と合体して二戸市となる。岩手県におけるリンゴ栽培の先駆地で,1877年舌崎地区に導入され,リンゴの主産地に発展。湯田地区の金田一温泉は,昔は盛岡藩諸侯の湯治場で「侍の湯」と呼ばれた。八戸市や十和田湖への中継点として利用客が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんだいち【金田一】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の金田一の言及

【二戸[市]】より

…岩手県北部,青森県三戸町に隣接する市。1972年福岡町と金田一村が合体,市制。人口2万8018(1995)。…

※「金田一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金田一の関連情報