八戸市(読み)はちのへ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「八戸市」の解説

八戸〔市〕
はちのへ

青森県南東部,太平洋に臨む市。南部は岩手県に接する。1929年八戸町,小中野町,湊町の 3町と鮫村が合体して市制。1942年下長苗代村,1954年是川村,1955年市川村,館村,上長苗代村,豊崎村,1958年大館村の各村を編入。2005年南郷村を編入。鎌倉時代,甲斐の南部氏が牧場を経営,江戸時代には八戸藩城下町として発達。馬淵川の流路変更工事によって造成された工業港を中心にセメント,化学,製紙,特殊鋼などの工場が立地。1964年新産業都市の指定を受けた。三陸沖を主漁場とする水産業も盛んで,湊地区,鮫地区の漁港周辺で缶詰,干物などに加工される。南部の山地ではリンゴ,タバコ,ソバなどが栽培され,酪農も行なわれる。鮫漁港の東部にある陸繋島の蕪島は,ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定。蕪島および国指定名勝の種差海岸は,三陸復興国立公園に属する。清水寺観音堂(せいすいじかんのうどう),櫛引八幡宮本殿などが国の重要文化財に,豊年祈願の「えんぶり」(→田植踊)は国の重要無形民俗文化財に指定されている。また,八戸三社大祭の山車行事は国の重要無形民俗文化財であり,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして,国際連合教育科学文化機関 UNESCO世界無形遺産に登録された。国指定史跡の是川石器時代遺跡は 2021年に「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産として世界遺産の文化遺産に登録され,長七谷地貝塚(ちょうしちやちかいづか)も関連資産となった。国の史跡にはこのほか,丹後平古墳群(たんごたいこふんぐん),南部師行の築いた根城跡(ねじょうあと)がある。東北新幹線,JR八戸線,青い森鉄道線,国道45号線,104号線,340号線,454号線などが集中。1989年東北自動車道の安代―一戸間が開通,八戸までの八戸線が全線開通した。面積 305.56km2。人口 22万3415(2020)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「八戸市」の解説

はちのへ‐し【八戸市】

八戸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android