コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金糸瓜

デジタル大辞泉プラスの解説

金糸瓜

石川県、岡山県新潟県などで生産されるカボチャ。長さ20~30cmの長球状で、果皮は黄色。19世紀頃に中国・朝鮮半島から伝来した品種とされ、「錦糸瓜」とも書く。ゆでてほぐれた果肉酢の物コロッケなどにして食する。石川県では能登野菜振興協議会により「能登野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きんしうり【金糸瓜】

セイヨウカボチャの変種カザリカボチャの一品種。果をゆでると果肉が素麺そうめんのように細長くほぐれる。これを酢の物や西洋料理のつけ合わせに用いる。ソウメンカボチャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金糸瓜の関連キーワードそうめんかぼちゃセイヨウカボチャ西洋料理

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android