コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融安定化拠出基金 きんゆうあんていかきょしゅつききん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融安定化拠出基金
きんゆうあんていかきょしゅつききん

1990年代初めのバブル経済崩壊に伴って経営破綻した住宅金融専門会社住専)の最終処理策として預金保険機構内に設置された基金。住専 7社の出融資元だった民間金融機関(農林系金融機関を含む)が約 1兆円拠出した。住専処理は大きな政治問題となり,1996年に「特定住宅金融専門会社の債権債務の処理の促進等に関する特別措置法」(住専処理法)が成立,住専の債権を回収する住宅金融債権管理機構が設立された。同時に,住専の債権処理のため,預金保険機構内に政府出資の緊急金融安定基金とともに金融安定化拠出基金が設立された。金融安定化拠出基金は住宅金融債権管理機構の資本金として 1000億円を出資し,残りの資金の運用益を債権回収の過程で発生する 2次損失の穴埋めにあてることとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

金融安定化拠出基金の関連キーワード荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新海部俊樹内閣高松伸富岡多恵子ドイツ統一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android