コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷経氏 かなや つねうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金谷経氏 かなや-つねうじ

?-1351 南北朝時代の武将。
新田義貞の一族。治部少輔(じぶのしょう)。南北朝に分裂後,播磨(はりま)(兵庫県)に挙兵して南朝方にたつ。のち脇屋義助にしたがって伊予(いよ)(愛媛県)におもむいた。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年9月7日山城(やましろ)(京都府)の石清水(いわしみず)八幡宮に攻めいったが,敗れて自刃(じじん)した。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金谷経氏の関連キーワード南北朝時代新田義貞

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android