コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金貸 かねかし

世界大百科事典 第2版の解説

かねかし【金貸】

利息をとって金銭を貸すこと,またそれを職業とする者。金融業者は古今東西,時と所とを問わず見られたものであるが,江戸時代には質屋のように担保の物品をとらずに金を貸借するのを素金(すがね)(素銀)と呼び,都市の細民に零細な素金を貸して高利をとる者も多かった。座頭金(ざとうがね)は鍼(はり),あんま,遊芸などを業とする盲人が行ったもので,一般の高利貸よりも利息が高く,取立てがきびしいことで知られた。烏金(からすがね)というのは一昼夜を期限としたもので,明烏(あけがらす)が鳴けば返すというのでこの名があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

金貸の関連キーワード建築物の耐震改修の促進に関する法律官公庁等共済組合一般資金貸付保険官公庁等共済組合住宅資金貨付保険サプライヤーズ・クレジット伊勢屋四郎左衛門(3代)コラチオ・ルストラリス世帯更生資金貸付制度マールワーリー資本ラスコーリニコフ緊急医師確保対策日本学生支援機構福祉資金貸付制度パンチカパイオン住宅資金貸付保険総合支援資金制度インターバンク年金福祉事業団公害防止事業団耐震改修促進法水産業協同組合

金貸の関連情報