コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鑼 キンラ

デジタル大辞泉の解説

きん‐ら【金×鑼】

中国、明・清楽で用いる盆形の打楽器。直径約30センチの銅製の盤で、ひもで下げ、ばちで中央をたたいて鳴らす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんら【金鑼】

中国の金属打楽器。盆形の銅盤で縁に孔あなをあけひもを結び、これをつるして木の桴ばちで中央を打ち鳴らす。日本では明清楽に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金鑼の言及

【鑼】より

…厚手に作られたものを鉦といい,盤が薄くて響きの長いものを鑼という。中国では金,金鑼ともよぶ。その形態,大小,音色,音高,奏法の違いにより,大鑼,小鑼,掌鑼に大別される。…

※「金鑼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金鑼の関連キーワード明清楽銅盤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android