清楽(読み)シンガク

大辞林 第三版の解説

しんがく【清楽】

中国の清代の音楽。17、8種の楽器で合奏される。日本には文政(1818~1830)頃、清人金琴江が長崎に来て伝えた。 → 明楽みんがく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清楽の言及

【明清楽】より

…これを明代俗曲を多数あげる小説《金瓶梅》中のものと比べると楽器は似るが楽曲は異なる。 魏皓の後,明楽はすたれ,19世紀前半には清楽が長崎に伝入した。なかでも金琴江と林徳健が有名で,琴江の門弟に医師の曾谷長春らがいて江戸で広め,渡辺崋山,平井連山,長原梅園などが長春に学んだ。…

※「清楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android