コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清楽 シンガク

大辞林 第三版の解説

しんがく【清楽】

中国の清代の音楽。17、8種の楽器で合奏される。日本には文政(1818~1830)頃、清人金琴江が長崎に来て伝えた。 → 明楽みんがく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清楽の言及

【明清楽】より

…これを明代俗曲を多数あげる小説《金瓶梅》中のものと比べると楽器は似るが楽曲は異なる。 魏皓の後,明楽はすたれ,19世紀前半には清楽が長崎に伝入した。なかでも金琴江と林徳健が有名で,琴江の門弟に医師の曾谷長春らがいて江戸で広め,渡辺崋山,平井連山,長原梅園などが長春に学んだ。…

※「清楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清楽の関連キーワード燕楽(宴楽)カンカン調子吉田 竹子永島 正一山下 松琴鏑木渓庵平井連山看看踊り法界節明清楽看看踊工尺譜蛇踊阮咸洋琴拍板携琴金鑼嗩吶明楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android