コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清楽 シンガク

2件 の用語解説(清楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐がく【清楽】

中国の代の音楽が日本に伝来したもの。月琴胡琴三弦琵琶清笛洞簫(どうしょう)木琴太鼓などの17種の楽器を用いる歌曲や合奏曲。文政年間(1818~1830)に伝わり流行したが、明治中期以後に衰微。→明清楽(みんしんがく)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の清楽の言及

【明清楽】より

…これを明代俗曲を多数あげる小説《金瓶梅》中のものと比べると楽器は似るが楽曲は異なる。 魏皓の後,明楽はすたれ,19世紀前半には清楽が長崎に伝入した。なかでも金琴江と林徳健が有名で,琴江の門弟に医師の曾谷長春らがいて江戸で広め,渡辺崋山,平井連山,長原梅園などが長春に学んだ。…

※「清楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清楽の関連情報