コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金魚売り キンギョウリ

デジタル大辞泉の解説

きんぎょ‐うり【金魚売り】

金魚を売り歩くこと。また、その人。 夏》「踏切を一滴ぬらす―/不死男

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぎょうり【金魚売り】

金魚を売り歩く職業。また、その人。 [季] 夏。 《 -買へずに囲む子に優し /吉屋信子 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金魚売り
きんぎょうり

金魚を商う店または人。金魚の渡来は室町時代の1502年(文亀2)といわれる。初めのころは特殊な愛好家に珍重されていただけであったが、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろ京坂から江戸に移入され、享保(きょうほう)(1716~36)ごろには一般に広まり、露店も出るようになった。さらに明和(めいわ)(1764~72)ごろには浅草近辺に金魚の専門店も数多くでき、行商も行われるようになって、その売り声は夏の風物詩として近年まで伝えられた。また縁日や夜店にも欠かせないものとして彩りを添えている。明和年間には珍種の輸入や交配が盛んに行われて新種が多く生まれ、現在、奈良県大和郡山(やまとこおりやま)市、愛知県弥富(やとみ)地方、東京都江戸川区などでおもに養殖されている。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金魚売りの関連キーワードキンギョ吉屋信子風物詩呼声

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金魚売りの関連情報