金魚草(読み)キンギョソウ

デジタル大辞泉の解説

きんぎょ‐そう〔‐サウ〕【金魚草】

ゴマノハグサ科の多年草。高さ30~80センチ。葉は細長い。夏、白・黄・紅・紫色などの花を総状につける。花は唇形で、金魚に似る。南ヨーロッパ・北アフリカの原産で、観賞用。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぎょそう【金魚草】

ゴマノハグサ科の多年草。ヨーロッパ原産。茎は50センチメートル 内外。葉は披針形。夏、茎頂に花穂を出し一〇個内外の花をつける。花は黄色・白色・紅紫色などで、太い花筒があり、金魚に似ているためこの名がある。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android