コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金魚草 キンギョソウ

デジタル大辞泉の解説

きんぎょ‐そう〔‐サウ〕【金魚草】

ゴマノハグサ科の多年草。高さ30~80センチ。葉は細長い。夏、白・黄・紅・紫色などの花を総状につける。花は唇形で、金魚に似る。南ヨーロッパ・北アフリカの原産で、観賞用。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぎょそう【金魚草】

ゴマノハグサ科の多年草。ヨーロッパ原産。茎は50センチメートル 内外。葉は披針形。夏、茎頂に花穂を出し一〇個内外の花をつける。花は黄色・白色・紅紫色などで、太い花筒があり、金魚に似ているためこの名がある。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金魚草 (キンギョソウ)

学名:Antirrhinum majus
植物。ゴマノハグサ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

金魚草の関連キーワードリナリア披針形花穂白色

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android