コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針土竜 ハリモグラ

デジタル大辞泉の解説

はり‐もぐら【針土竜】

単孔目ハリモグラ科の哺乳類体長35~50センチ、尾はごく短い。全身、特に頭から背中にかけて太い針状の毛で覆われる。長い吻(ふん)と舌をもち、シロアリ・アリを主食とする。卵生。オーストラリア・タスマニア・ニューギニアに分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はりもぐら【針土竜】

単孔目の哺乳類。体長45センチメートル 内外。体形はハリネズミに似るが食虫目ではない。吻ふんが細長く、全身が長さ約5センチメートルの針におおわれる。全身暗褐色。強力な前肢で地面を掘って、アリなどの昆虫を長い舌でなめ取る。卵生で、雌が腹部の育児囊のうで子を育てる。オーストラリア・ニューギニア・タスマニアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

針土竜 (ハリモグラ)

学名:Tachyglossus aculeatus
動物。ハリモグラ科の哺乳動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

針土竜の関連キーワードハリネズミ地面昆虫内外前肢体形腹部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android