コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木亜夫 すずき つぎお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木亜夫 すずき-つぎお

1894-1984 大正-昭和時代の洋画家。
明治27年3月26日生まれ。大正5年二科展に初入選。円鳥会,一九三○年協会に参加。昭和5年から独立美術協会創立会員として活躍。簡潔なフォルムとフォービスムの影響をうけた色彩に特色がある。昭和59年12月7日死去。90歳。大阪出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「ターンテーブル」「紫陽花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木亜夫の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android