コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林武 はやし たけし

美術人名辞典の解説

林武

洋画家。東京生。本名武臣。父は国語学者の林甕臣。日本美術学校中退。樗牛賞・二科賞受賞。二科会会友の後、二科会を離れ独立美術協会創立に参加、以後出品を続ける。綿密な画面構成に効果的な色彩を大胆な筆致で用いた重厚な作風を確立した。毎日美術賞・芸術院賞受賞。東京芸大教授。昭和50年(1975)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

林武【はやしたけし】

洋画家。東京生れ。本名武臣(たけおみ)。1921年日本美術学校に入学したが,同年中退。同年二科展に出品し樗牛賞を受け,1926年二科会会友に推された。同年〈1930年協会〉会員となり,1930年には二科会を去って独立美術協会の創立に参加。
→関連項目児島善三郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林武 はやし-たけし

1896-1975 大正-昭和時代の洋画家。
明治29年12月10日生まれ。大正10年二科展に初入選。昭和5年独立美術協会を創立。9年渡欧。27年東京芸大教授。フォービスムをとりいれ,独自の構成理論にもとづく重厚な画風をきずいた。作品に「星女嬢」「梳(くしけず)る女」など。34年芸術院賞。42年文化勲章。昭和50年6月23日死去。78歳。東京出身。日本美術学校中退。本名は武臣。著作に「美に生きる」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやしたけし【林武】

1896‐1975(明治29‐昭和50)
洋画家。国学者甕臣の子として東京に生まれる。本名武臣。早稲田実業学校予科を中退ののち,さまざまの職を転々とするが,画家としてデビューするのは1921年の第8回二科展に《婦人像》が初入選(樗牛賞)してからである。23年万鉄五郎を中心とする円鳥会に加わっている。二科展ないし一九三〇年協会展にも出品。30年独立美術協会が創立されるに及んで,以後同会を主要な発表の場とする。エミール・ベルナールの《回想のセザンヌ》(有島生馬訳)に感銘してセザンヌに傾倒。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はやしたけし【林武】

1896~1975) 洋画家。東京生まれ。本名。武臣。フォービズムを基調とした独特の具象画を確立した。東京芸大教授。作「梳くしけずる女」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林武
はやしたけし

[生]1896.12.10. 東京
[没]1975.6.23. 東京
洋画家。本名,武臣。 1920年日本美術学校に入学後すぐ中退,翌年より二科展に出品して樗牛賞,二科賞を連続受賞。 26年二科会会友となる。同年,一九三〇年協会の設立に参画,さらに 30年独立美術協会を結成。 34~35年渡欧。フォービスムを基調とし,重厚な質感をもった強烈な色彩と構成的要素の強い作品を制作。現代具象絵画を代表する作家。 50年第1回毎日美術賞,59年日本芸術院賞を受賞。 62年国際形象展同人となり,67年文化勲章,朝日文化賞を受けた。 52~63年東京芸術大学教授として後進を指導,同大学名誉教授。主要作品は『裸婦』 (1930,兵庫県立近代美術館) ,『梳る女』 (49,大原美術館) ,『婦人像』 (58,東京国立近代美術館) ,『ノートルダム』 (60,愛知県文化会館美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林武
はやしたけし
(1896―1975)

洋画家。明治29年12月10日東京に国学者林甕臣(みかおみ)の子として生まれる。本名は武臣(たけおみ)。1920年(大正9)日本美術学校に入学するが、中退。21年二科展に初入選で樗牛(ちょぎゅう)賞を受け、続いて翌年二科賞を受ける。26年に一九三〇年協会会員、二科会会友となるが、30年(昭和5)同志と独立美術協会を創立し、没するまで同会で活躍した。34~35年渡仏し、ヨーロッパ各地を巡遊。『コワフューズ』ほか滞欧作にキュビスムの影響を示す。第二次世界大戦後は、49年(昭和24)美術団体連合展に『梳(くしけず)る女』を出品し、第1回毎日美術賞を受賞。また、52~63年には東京芸術大学教授として後進を指導する。56年現代日本美術展で大衆賞を受賞し、59年には日本芸術院賞を贈られる。国際形象展同人としても活躍し、67年朝日賞と文化勲章を受けた。71年国語問題協議会会長となる。独自の構成理論をもち、洋画界における具象系の闘将として知られた。昭和50年6月23日東京で没。[小倉忠夫]
『今泉篤男他解説『現代日本の美術9 海老原喜之助/林武』(1976・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

林武の関連キーワードSwallowtail Butterfly~あいのうた~Hello, again~昔からある場所~ナーシーフ・アルヤージジーずっとあなたが好きだったエーピー・バンク・フェスアブド・アルハーディーap bank fesアディーブ・イスハークMan & Womanあなたに会えてよかった愛知芸術文化センターフジヤマミュージアムダブル★キッチン中土佐町立美術館DESTINY誰にも言えないBANDAGE笠間日動美術館小松崎 邦雄シュマイイル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林武の関連情報