コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木八束 すずき やつか

1件 の用語解説(鈴木八束の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木八束 すずき-やつか

1838-1920 幕末-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)9年1月23日生まれ。安政6年竹村茂枝(しげえ)に入門。回文を得意とした。詠歌は「大八洲歌集」などにおさめられている。大正9年6月9日死去。83歳。伊豆(いず)田方郡(静岡県)出身。初名は祇宣。通称は健次郎。号は梅廼本,京華亭,皇風,歌風。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木八束の関連キーワード大口鯛二泉亮之稲垣長敬大橋緑葉木村芳雨清岡覚子佐藤嘲花樋口信平真下飛泉股野琢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone