鈴木八束(読み)すずき やつか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木八束 すずき-やつか

1838-1920 幕末-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)9年1月23日生まれ。安政6年竹村茂枝(しげえ)に入門。回文を得意とした。詠歌は「大八洲歌集」などにおさめられている。大正9年6月9日死去。83歳。伊豆(いず)田方郡(静岡県)出身。初名は祇宣。通称は健次郎。号は梅廼本,京華亭,皇風,歌風

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android