コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木容蔵 すずき ようぞう

1件 の用語解説(鈴木容蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木容蔵 すずき-ようぞう

1811-1870 幕末-明治時代の医師。
文化8年4月生まれ。尾張(おわり)名古屋の人。浅井貞庵・紫山に内科を,小笠原(おがさわら)定菊に外科をまなぶ。天保(てんぽう)5年(1834)京都にゆき,小石元瑞(げんずい)に蘭方をまなび,14年帰郷して開業。翌年名古屋藩医となる。伊藤圭介(けいすけ)らと種痘の導入・普及につとめた。明治3年10月4日死去。60歳。号は節斎,快然堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鈴木容蔵の関連キーワード赤坂圭斎加藤元秀岸鶴汀河野静夫城鞠洲鈴木亦人田中如山堀江宗賢宮崎玉緒村松良粛