コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木徳次郎 すずき とくじろう

2件 の用語解説(鈴木徳次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木徳次郎 すずき-とくじろう

1827-1881 明治時代の発明家。
文政10年生まれ。料理店をいとなむ。明治2年和泉(いずみ)要助,高山幸助とともに人力車を創案。翌年東京府の許可をうけ,日本橋で営業をはじめた。のち人力車総行事に任命された。明治14年3月26日死去。55歳。武蔵(むさし)上高田村(東京都)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木徳次郎

没年:明治14.3.26(1881)
生年:文政10(1827)
明治時代の人力車発明者のひとり。武蔵国多摩郡(東京都)上高田村に生まれる。壮年期に江戸に出て呉服町に住み,明治1(1868)年西河岸に割烹店を開業。2年和泉要助,高山幸助と共に人力車を創製,実地試験を行い,3年3月22日3者共同で東京府に人力車の製造,営業を出願,24日許可を得て営業を開始。同年10月東京府より人力車総行事を命じられ,新規開業者の監督,車税の取り集めを担当した。6年5月の総行事廃止に伴い,総行事3名は東京府から一時金を下付された。<参考文献>藤沢衛彦『明治風俗史』上,斎藤俊彦『人力車』

(沢井実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木徳次郎の関連キーワード人力車力車此れの人発明権世の人愛若秋葉大助和泉要助北ケ市市太郎発明者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木徳次郎の関連情報