コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木昌司 すずき しょうじ

2件 の用語解説(鈴木昌司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木昌司 すずき-しょうじ

1841-1895 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)12年9月18日生まれ。明治10年新潟県初の民権結社明十社(のちの鳴鶴(めいかく)社)を結成。県会議員となり頸城(くびき)自由党などを創設,山際七司(やまぎわ-しちし)らと自由民権運動に活躍した。22年結成の大同倶楽部(クラブ)の幹部をつとめ,翌年衆議院議員(当選2回,立憲自由党)。明治28年4月30日死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。号は竹外。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木昌司

没年:明治28.4.30(1895)
生年:天保12.9.18(1841.11.1)
明治時代の政治家。幼名は保逸郎,号は竹外。越後代石村(新潟県吉川町)の庄屋鈴木三郎右衛門の長男。妻はりう。戸長時代に地租改正反対闘争に参加し,明治10(1877)年八木原繁祉と高田町(上越市)の士族にもよびかけて新潟県最初の民権結社明十社を結成した。県会議員時代には鳴鶴社,頸城自由党,北辰自由党,求友会,越佐同盟会などを組織。高田事件(1883)に連座し,保安条例にも触れたが,県会議長を経て第1回(1890),第2回(1892)総選挙に当選した。吉川町史編纂室が関係史料を整理解読している。<参考文献>新潟県社会科教育研究会編『自由民権運動と高田事件』

(河西英通)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木昌司の関連キーワード藤井竹外市川文蔵小田貫一小原正朝北川矩一斎藤卯八杉魁高階春帆松田秀雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone