コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木昌司 すずき しょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木昌司 すずき-しょうじ

1841-1895 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)12年9月18日生まれ。明治10年新潟県初の民権結社明十社(のちの鳴鶴(めいかく)社)を結成。県会議員となり頸城(くびき)自由党などを創設,山際七司(やまぎわ-しちし)らと自由民権運動に活躍した。22年結成の大同倶楽部(クラブ)の幹部をつとめ,翌年衆議院議員(当選2回,立憲自由党)。明治28年4月30日死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。号は竹外。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木昌司

没年:明治28.4.30(1895)
生年:天保12.9.18(1841.11.1)
明治時代の政治家。幼名は保逸郎,号は竹外。越後代石村(新潟県吉川町)の庄屋鈴木三郎右衛門の長男。妻はりう。戸長時代に地租改正反対闘争に参加し,明治10(1877)年八木原繁祉と高田町(上越市)の士族にもよびかけて新潟県最初の民権結社明十社を結成した。県会議員時代には鳴鶴社,頸城自由党,北辰自由党,求友会,越佐同盟会などを組織。高田事件(1883)に連座し,保安条例にも触れたが,県会議長を経て第1回(1890),第2回(1892)総選挙に当選した。吉川町史編纂室が関係史料を整理解読している。<参考文献>新潟県社会科教育研究会編『自由民権運動と高田事件』

(河西英通)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鈴木昌司の関連キーワード松村 文次郎室 孝次郎松村文次郎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android