コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木清風 すずき せいふう

2件 の用語解説(鈴木清風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木清風 すずき-せいふう

1651-1721 江戸時代前期の俳人。
慶安4年生まれ。出羽(でわ)尾花沢(山形県)の紅花(べにばな)問屋。江戸や京坂を往来し,俳人とまじわる。はじめ談林派,のち芭蕉(ばしょう)門にまなぶ。芭蕉を家にとめて歓待したことが「おくのほそ道」にみえる。享保(きょうほう)6年1月12日死去。71歳。名は道祐。通称は島田屋八右衛門。別号に残月軒。編著に「おくれ双六(すごろく)」「稲莚(いなむしろ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木清風

没年:享保6.1.12(1721.2.8)
生年:正保3(1646)
江戸前期の俳人。出羽国村山郡(山形県)尾花沢の人。紅花を扱う商人で尾花沢の豪商として知られた。職業俳人ではなかったが,みずから選集を編むほどの俳諧好きで,商用で旅行することも多かった関係で,江戸,大坂,京都の俳人との交流も密だった。松尾芭蕉とも江戸で知り合い,元禄2(1689)年に『おくのほそ道』の旅でその世話になった芭蕉は,「かれは富めるものなれど,志いやしからず」と同書に記している。しかし晩年は次第に俳諧から遠ざかった。<参考文献>星川茂平治『尾花沢の俳人鈴木清風

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木清風の関連キーワード高梨一具阿形但秀安西一奇佐竹延長佐藤啓鈴木佐内双竹高山峰丸束松露香和田東潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木清風の関連情報