コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木百年 すずき ひゃくねん

美術人名辞典の解説

鈴木百年

四条派の画家。京都生。天文・易学で知られる鈴木星海の子。日本画家鈴木松年は子。名は世寿、字は子庚。別号に大椿翁・大年等。岸連山に就き、与謝蕪村・呉春・日根野対山の風を慕う。諸派を折衷して一家を成し、鈴木派と呼ばれる新興の流派を生み出した。門下に今尾景年久保田米僊らがいる。明治24年(1891)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木百年 すずき-ひゃくねん

1825-1891 幕末-明治時代の日本画家。
文政8年5月28日生まれ。鈴木星海の子。円山派の大西椿年(ちんねん)らに師事。明治13年京都府画学校の開設にあたり北宗科の教師となる。山水・花鳥画を得意とし,門人がおおく鈴木派と称された。明治24年12月26日死去。67歳。京都出身。名は世寿。字(あざな)は子孝。通称は図書。別号に大椿翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鈴木百年の言及

【円山四条派】より

…幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。【河野 元昭】。…

※「鈴木百年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木百年の関連キーワード今尾 景年畑 仙齢畑仙齢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木百年の関連情報