コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木百年 すずき ひゃくねん

2件 の用語解説(鈴木百年の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鈴木百年

四条派の画家。京都生。天文・易学で知られる鈴木星海の子。日本画家鈴木松年は子。名は世寿、字は子庚。別号に大椿翁・大年等。岸連山に就き、与謝蕪村・呉春・日根野対山の風を慕う。諸派を折衷して一家を成し、鈴木派と呼ばれる新興の流派を生み出した。門下に今尾景年久保田米僊らがいる。明治24年(1891)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木百年 すずき-ひゃくねん

1825-1891 幕末-明治時代の日本画家。
文政8年5月28日生まれ。鈴木星海の子。円山派の大西椿年(ちんねん)らに師事。明治13年京都府画学校の開設にあたり北宗科の教師となる。山水・花鳥画を得意とし,門人がおおく鈴木派と称された。明治24年12月26日死去。67歳。京都出身。名は世寿。字(あざな)は子孝。通称は図書。別号に大椿翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の鈴木百年の言及

【円山四条派】より

…幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。【河野 元昭】。…

※「鈴木百年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴木百年の関連キーワード住吉広賢池田雲樵上真節後藤春栄是一(8代)斎田佐枝子斎藤篤信川柳(7代)妻木棲碧柚木玉粋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木百年の関連情報