鈴木羊素(読み)すずき ようそ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木羊素 すずき-ようそ

1693-1751 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)6年生まれ。江戸俳壇の貴志沾洲(きし-せんしゅう)の門人。寛延4年4月8日死去。59歳。通称は越後屋庄兵衛。初号は松珞。編著に撰集「俳諧(はいかい)玄々前集」,俳論集「誹諧(はいかい)答問抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android