鈴木羊素(読み)すずき ようそ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木羊素 すずき-ようそ

1693-1751 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)6年生まれ。江戸俳壇の貴志沾洲(きし-せんしゅう)の門人。寛延4年4月8日死去。59歳。通称は越後屋庄兵衛。初号は松珞。編著に撰集「俳諧(はいかい)玄々前集」,俳論集「誹諧(はいかい)答問抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android