コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木要三 すずき ようぞう

1件 の用語解説(鈴木要三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木要三 すずき-ようぞう

1838-1904 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年生まれ。明治11年安田善次郎の協力をえて木村半兵衛らと第四十一国立銀行を開設。翌年最初の栃木県会議員ひとりとなる。20年下野(しもつけ)麻紡織(現帝国繊維鹿沼工場)を創立。保晃会の発起人として日光の社寺文化財の保護・修繕につくした。明治37年3月26日死去。67歳。下野(栃木県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木要三の関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教上野彦馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone