鈴木貞次郎(1)(読み)すずき ていじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木貞次郎(1) すずき-ていじろう

1811-1886 江戸後期-明治時代の和算家。
文化8年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)武射郡(むしゃぐん)牛熊の人。富田凸斎(てつさい),鈴木宗邦(そうほう)にまなび,のち同地をおとずれた安芸(あき)広島の法道寺善(ほうどうじ-ぜん)にも師事。同地方で和算を教授した。明治19年10月1日死去。76歳。名は重董。号は洋斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android