鈴杵(読み)レイショ

大辞林 第三版の解説

れいしょ【鈴杵】

仏具の一。柄を金剛杵の形にした鈴れい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れい‐しょ【鈴杵】

〘名〙 仏語。密教法具の金剛鈴と金剛杵(こんごうしょ)との併称。また、柄を金剛杵の形にした鈴。これに独鈷(とっこ)・三鈷・五鈷の形のものがある。
※参天台五台山記(1072‐73)四「具両壇・鈴杵・五胡鈴四口」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android