コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独鈷 トクコ

デジタル大辞泉の解説

とく‐こ【×鈷】

とっこ(独鈷)

とっ‐こ〔トク‐〕【×鈷/独古/独股】

《「どっこ」とも》
密教で用いる法具金剛杵(こんごうしょ)の一種。鉄製または銅製で、両端がとがった短い棒状のもの。独鈷杵(とっこしょ)。とこ。
縦に1に模した形を連ねて、縞状に織り出した織物。また、その模様。主に帯地で用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

独鈷【とっこ】

〈どっこ〉とも。仏具(執金剛神の持つ金剛杵の一種)だが,それを図案化した連続模様をもいう。おもに博多織織模様とされ,1本配した一本独鈷をはじめ,2本,3本などと配する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の独鈷の言及

【金剛杵】より

…バジュラは,把手の両端に鋭い刃のついた杵形の武器で,雷をかたどったものといわれ,本来は雷霆(らいてい)神インドラの所持物であったが,のち仏教では,この武器を持った神(執金剛神)がいつも影のように仏につき従い,仏を守護していたと考えられた。密教の法具としての金剛杵は,この武器が堅固であらゆるものを摧破(さいは)するところから,煩悩を破る悟りの智慧の象徴として採り入れられたもので,両端の刃先の形によって,1本だけ鋭くとがった刃先の独鈷(独股)(とつこ),その刃先に両側から勾(かぎ)形に湾曲した刃を2本備えた三鈷(三股),四方から4本備えた五鈷(五股)などがある。これらはいずれも武器のおもかげをとどめているが,ほかに,武器でない宝珠や塔をあしらった宝珠鈷や塔鈷といわれるものもある。…

※「独鈷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

独鈷の関連キーワード矜羯羅童子・金伽羅童子秋田県大館市比内町独鈷満田弥三右衛門修善寺[町]独鈷・独股修善寺温泉独鈷鎌首独鈷の湯弘法清水密教法具目黒不動献上博多金剛杖脳・髄楊谷寺修善寺金剛橛船越帯独鈷鈴独鈷石

独鈷の関連情報