コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 れい

12件 の用語解説(鈴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


れい

日本の体鳴楽器。「振鈴」「鈴鐸」「金鐸」などともいう。金属製の楽器で,円筒の中に金属の舌 (ぜつ) をつるし,それが周囲に当って音を出すものであるが,無舌のものもある。仏教儀式中,特に密教の修法に柄のついた手鈴が用いられ,金剛杵の一部に鈴をつけたようなものであることから,「金剛鈴」ともいわれ,「独鈷 (とっこ) 鈴」「三鈷鈴」「五鈷鈴」などの別がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


すず

中空で割れ目のある器体に丸 (がん) を入れて振鳴らす振奏体鳴楽器。「すず」は大和言葉で,日本には古来木の実や土でつくった原始的な鈴があったとされるが,今日一般的な金属製のものは古墳時代に大陸より伝来したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すず【鈴】

金属・陶器などの、下部に裂け目のある空洞の球の中に小さい玉が入っていて、振り動かして音を立てるもの。神社にある大きなものや、合図用・装飾用・玩具用のほか、神楽・能楽・歌舞伎などの楽器としても用いられる。「拝殿でを鳴らす」「猫の首にをつける」
(「鐸」とも書く)釣鐘型で、舌(ぜつ)をつるし、振り動かして音をたてるもの。風鈴の類。鐸(たく)。れい。
西洋音楽の打楽器の一。1および2の形状のもの2種がある。ベル。
駅鈴(えきれい)。
「―ばかり給はって」〈平家・五〉

りん【鈴】

すず。れい。
ベル。電鈴(でんれい)。
小さい鉢形をした仏具。響銅(さはり)で作る。読経の際に小さい棒でたたいて鳴らす。

りん【鈴】[漢字項目]

れい

れい【鈴】

すず。りん。ベル。
法具の一。金属製の小さな鐘の中に舌があり、上部の柄を持って振り鳴らす。金剛鈴など。

れい【鈴】[漢字項目]

常用漢字] [音]レイ(漢) リン(唐) [訓]すず
〈レイ〉すず。ベル。「駅鈴金鈴振鈴電鈴予鈴
〈リン〉すず。「風鈴

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すず【鈴】

中空の身の中に,丸(がん)を封じた楽器,鳴物。身は球形で一端に細い口(鈴口(すずくち))をあけるのが一般であるが,扁平なものや砲弾形,多角形のものもあり,また何ヵ所もの口をあける場合がある。比較的小型で,金属のほか土や木でもつくられ,吊り下げるための鈕(ちゆう)をもつ。〈がらがら〉などと同じように,乾燥した木の実などに,その原型を求める説もある。 日本では古く〈須須(すず)〉と書かれ(《和名抄》),その語源は朝鮮語起源説(《東雅》),〈音の涼しきより名づくならむ〉(《和訓栞(わくんのしおり)》)などと諸説あるが,明らかではない。

れい【鈴】

〈鈴〉の字をレイと読む場合,日本では有柄有舌の体鳴楽器,すなわち把手をもち内部に舌(ぜつ)を吊るして,振ると舌が本体の内側を打って発音するものをいい,一般には密教法具の金剛鈴(こんごうれい)を指す。しかし中国で〈鈴〉とするものは,スズや日本のレイと異なり,有鈕有舌の鐘(かね),すなわち吊り手をもち,内部に舌を吊るすものをいい,日本ではこれを古くから(たく)と呼んでいる。さらに中国ではレイにあたる有柄有舌のものに鐸の字を用いており,混乱を招きやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りん【鈴】

すず。
ベル。また、ベルの音。 「扉の-が音高く/社会百面相 魯庵」 → れい(鈴)

れい【鈴】

密教の法具の一。金属製。小さな鐘に似た本体に、さまざまな形の柄がついている。内部に舌があり、振って鳴らす。金剛こんごう鈴。
すず。りん。 「 -を鳴らす」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


すず

振り鳴らす発音具の一種。世界の諸民族の間で共有され、日本にも古くから伝えられてきた。青銅、金銅、銑(あらがね)、金銀などを用いた金属製のもののほかに土、木製などがある。いずれも球形のものに裂け目をつくり、空洞内に丸く固めた小球を入れ、これを振って鳴らす。江戸後期の国語辞書『和訓栞(わくんのしおり)』(谷川士清(たにがわことすが)編)には、その音が澄んでいる涼しさからこの名がついたとある。鈴を打ち鳴らせば悪魔をはらう呪力(じゅりょく)があると信じられ、神事の祭具などに用いられたのが起源と思われる。それがさらに清らかな音を伴う魔除(まよ)けの装身具類にも発達した。古墳文化時代の墳墓の副葬品や埴輪(はにわ)の土人形にもそれがみられる。手や足につけたり、鏡などの品に固着したりした。『古事記』には、犬や鷹(たか)など飼っている動物類につけたことがすでに記されている。馬具にも用いた。岩手県滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社(旧駒形(こまがた)神社)に飼い馬の安泰を祈って参詣(さんけい)する「ちゃぐちゃぐ馬こ」の祭礼は、これら「南部馬」の首に飾った鈴の音から生まれた名称である。また律令(りつりょう)時代には朝廷から出張する官人に支給した駅鈴(えきれい)があり、これを鳴らして各駅で馬を徴発したりするのに用いられた。
 鈴には球形のほかに釣鐘形のものがあり、古代には鐸(たく)といい銅や青銅製の大形のものの中に舌(ぜつ)を吊(つ)るし振り鳴らした。楽器として用いられたとも思われる。現代では小形のもので鋳物、ガラス製の風鈴類がある。一般参拝者が神前で振り鳴らす大鈴もある。振り鳴らす小形のこの種の鈴は、中世から狂言・能、江戸時代の歌舞伎所作事(かぶきしょさごと)などにも取り入れられた。土製は、土鈴(どれい)とよばれて素朴な音色と多種多様な形態のものが、全国各地の神社で授与されており、郷土玩具(がんぐ)のなかでも特異な位置を占めている。江戸時代初期、京の伏見(ふしみ)人形の一つとしてつくられたのが始まりとされる。富山県の蛇の目鈴、英彦山(ひこさん)神社(福岡県)のガラガラ鈴、金桜(かなざくら)神社(山梨県)の虫切り鈴などが知られ、江戸中期の国学者で『古事記伝』を完成させた本居宣長(もとおりのりなが)は、鈴を愛して「鈴屋(すずのや)」と自ら号した。[斎藤良輔]

楽器としての鈴

楽器としての鈴は、その形態から、割れ目のある中空の器体内部に丸(がん)(適度な重さと堅さをもつ小物体)を封じ込めたものと、小形のカップ状で内部に舌(ぜつ)(打ち棒や小球など。クラッパーともいう)を取り付けたもの(ベル)の2種に大別される。両者とも楽器自体を振って鳴らすが、その発音原理から、前者は振奏体鳴楽器(ラットル)、後者は打奏体鳴楽器に分類される。どちらの形もアジア全域、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカで古くから用いられている。
 日本には、神楽鈴(かぐらすず)や三番叟(さんばそう)の鈴などの容器状のもの、金剛鈴(こんごうれい)などのベル形のものがある。神楽鈴は、1本の柄の先にいくつかの鈴を取り付けたもので、古代以来巫女(みこ)の舞に使われている。一方、同形のものが呪師(じゅし)の芸能に用いられ、能楽の『翁(おきな)』の三番叟や歌舞伎(かぶき)舞踊、民俗芸能に残っている。金剛鈴は柄のついた手鈴(しゅれい)の一種で、仏教の法会(ほうえ)で用いられる。天台宗や真言宗の鈴(れい)は柄に5種の形があり、五種鈴とよぶ。インドネシアのバリ島では、グントラクとよばれる木製の枠に複数の小さなベル形の鈴を吊るしたものが用いられている。インドでは、ヒンドゥー教が紀元前6世紀には容器状の鈴を取り入れ、とくに鈴を足につけて踊ることが神を喜ばせる行為とされ、今日もマニプリ・ダンスやカタック・ダンスに使用されている。
 アフリカでは、ベル形の鈴が行進の音楽や舞踊で盛んに用いられる。容器状の鈴は、ベル形に比べて、より強い魔力をもつと考えられ、みだりに使用されない例が各地にある。
 南アメリカのプレ・インカ期の遺跡から出土される金や銀製の容器状の鈴は、儀礼の道具として、また舞踊の装身具として用いられた。今日でも伝統的な祭りでは、この種の鈴を足首につけて行う舞踊が多い。ヨーロッパ人の侵入以前のアメリカ大陸では、ベル形は比較的少ない。
 ヨーロッパでは、教会の鐘が発達したため、ベル形の鈴が非常に目だつ。遅くとも14世紀には、ベルをいくつかセットにしたベル・チャイムで音楽的表現を行う試みがみられる。のちに奏法や装置がくふうされ、鍵盤(けんばん)操作や機械仕掛けで複数のベルを鳴らすカリヨンcarillon(フランス語)が発達した。近年では、電気や圧縮空気を利用した自動演奏装置付きのものもみられる。また、ハンド・ベルとよばれるハンドル付きの小形ベルは、本来イギリスで教会の組鐘を何人かで鳴らす技巧練習用であったが、今日ではそれから独立して、数人があわせて音楽を演奏する形態ができあがっている。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【鐘∥鉦】より

…身の他端は,梵鐘(ぼんしよう)(=釣鐘)のように開いて終わるものが多い。しかし鈴(すず)のように包まれた形のものもある。発音のための構造としては,ヨーロッパの教会の〈鐘(かね)〉や家畜のベルのように身の内側に舌(ぜつ)clapperとよぶ棒をつるす場合と,鈴のように丸(がん)を入れる場合,舌,丸いずれももたない場合がある。…

【祭具】より

…第2の鋪設用祭具は祭場の神座をしつらえ,幣帛を包む薦(こも),食物をすえる麻簀(あさす),案・机の上下に敷物として用いる蓆(むしろ),畳,茵(しとね)などである。第3の装飾用祭具としては榊,注連(しめ),鈴(すず),鰐口(わにぐち)があげられている。榊は栄木(さかき)で常緑樹の総称であったが,後に一種の樹を特定して指すようになった。…

【日本音楽】より

…前者は〈やまとぶえ(大和笛,倭笛)〉と呼ばれ,後者は〈つづみ(鼓)〉と呼ばれる。鈴も喜ばれたらしい。1943年,静岡市郊外の登呂遺跡から,小型の5弦琴らしいものが発見されたが,その後,千葉県,滋賀県,福岡県などからも発掘された。…

【鈴鏡】より

…古墳時代の仿製鏡(ぼうせいきよう)の一種。円盤形で,背面を図像文様で飾り,その中央に半球形の鈕(ちゆう)をそなえる点では,他の仿製鏡と同じであるが,周縁に球形に近い鈴が突出付加された形状となったもので,本来鏡のもった映像反射機能をほとんど失って音響発振具と化した,鏡としては日本独自のものである。鈴部分は,鏡本体部分と同一の鋳型で同時に鋳造したもので,別に製作した鈴を本体に接合したものではない。…

【打鳴】より

…響銅製で小さな鉢の形をしており,下に座布団を敷き,細い金属製の棒,または木製の細棒で縁を打って音を出す。鏧,鏧子(けいす),小鏧(しようきん),鋺(金椀)(かなまり),鈴(りん)などともいう。また打鳴は寺院で用いる大型のものを指す場合もある。…

【鈴】より

…中空の身の中に,丸(がん)を封じた楽器,鳴物。身は球形で一端に細い口(鈴口(すずくち))をあけるのが一般であるが,扁平なものや砲弾形,多角形のものもあり,また何ヵ所もの口をあける場合がある。比較的小型で,金属のほか土や木でもつくられ,吊り下げるための鈕(ちゆう)をもつ。…

【鐃】より

…〈どう〉ともいう。(かね)・銅鑼(どら)の類,(れい)類,銅鈸(どうばつ)類のいずれについても用いられた名称。古代中国では舌をもたない大型の鈴をいい,のちには舌をつけたものも指す。…

※「鈴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴の関連キーワード浮き秤ヒートパイプ雨車丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願サウンドボディー流れの身口を封じる和楽器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴の関連情報