(読み)スズ

デジタル大辞泉 「鈴」の意味・読み・例文・類語

すず【鈴】

金属・陶器などの、下部に裂け目のある空洞の球の中に小さい玉が入っていて、振り動かして音を立てるもの。神社にある大きなものや、合図用・装飾用・玩具用のほか、神楽・能楽・歌舞伎などの楽器としても用いられる。「拝殿でを鳴らす」「猫の首にをつける」
(「鐸」とも書く)釣鐘型で、ぜつをつるし、振り動かして音をたてるもの。風鈴の類。たく。れい。
西洋音楽の打楽器の一。1および2の形状のもの2種がある。ベル。
駅鈴えきれい
「―ばかり給はって」〈平家・五〉
[類語]半鐘

れい【鈴】[漢字項目]

常用漢字] [音]レイ(漢) リン(唐) [訓]すず
〈レイ〉すず。ベル。「駅鈴金鈴振鈴電鈴予鈴
〈リン〉すず。「風鈴

りん【鈴】

すず。れい。
ベル。電鈴でんれい
小さい鉢形をした仏具。響銅さはりで作る。読経の際に小さい棒でたたいて鳴らす。
[類語]呼び鈴ベルチャイムブザー

れい【鈴】

すず。りん。ベル。
法具の一。金属製の小さな鐘の中に舌があり、上部の柄を持って振り鳴らす。金剛鈴など。

りん【鈴】[漢字項目]

れい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鈴」の意味・読み・例文・類語

すず【鈴・鐸】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 世界的に見られる体鳴楽器の一つ。主に金属製の、裂目のある球形の空洞のなかに、銅の球などを入れたもの。振って鳴らす。日本では、神楽(かぐら)・能楽などに楽器として用いるほか、神社の社頭につるすもの、参詣人や巡礼のもつもの、装身用のものなど種々ある。
    1. [初出の実例]「布を白き犬にけ、鈴(すず)を著けて」(出典:古事記(712)下)
    2. 「すずは亮振(さやふ)る藤太巫女、目より上にぞすずは振る」(出典:梁塵秘抄(1179頃)二)
  3. のうち、特に駅使(えきし)しるしとして賜った鈴。駅鈴(えきれい)
    1. [初出の実例]「左夫流児(さぶるこ)が斎きし殿に須受(スズ)掛けぬ駅馬(はゆま)下れり里もとどろに」(出典:万葉集(8C後)一八・四一一〇)
    2. 「颯々の鈴も駅路の夜は山よりや明けぬらん」(出典:大観本謡曲・須磨源氏(1430頃))
  4. ( ふつう「鐸」と書く ) つりがね形で、中に舌(ぜつ)をつるした鳴り物。風鈴などの類。鐸(たく)。れい。
    1. [初出の実例]「是に、老嫗詔を奉りて鐸(スス)を鳴して進む」(出典:日本書紀(720)顕宗元年二月(寛文版訓))
  5. 西洋音楽の打楽器の一つ。穴のある中空の金属球に小さな金属片がはいっているものと、風鈴状の小さな鐘形のものの二種あり、タンバリンやシズル‐シンバルのように数個の鈴を連ねた楽器もある。ベル。
  6. 男根の異称。
    1. [初出の実例]「アノ鈴は前立じゃ、ほんぼんの鈴戴してやらう程にと仰って」(出典:浄瑠璃・菖蒲前操弦(1754)三)
  7. 紋所の名。を図案化したもの。神楽鈴、丸に三つ鈴などがある。
    1. 丸に三つ鈴@神楽鈴
      丸に三つ鈴@神楽鈴

鈴の語誌

( 1 )日本では縄文時代の土製のものがみられるが、青銅の鈴がつくられたのは古墳時代以降である。
( 2 )令制下の駅制においては、馬に乗る身分証として「駅鈴」が用いられた。寺院の幡(ばん)や社寺の華鬘(けまん)にもつけられる。神社拝殿の鈴などは、鈴の音に邪気を払い神を招く役割をになわせたものである。


りん【鈴】

  1. 〘 名詞 〙 ( りんは鈴(レイ)の中国近代音 )
  2. 振って鳴らすすず。れい。
    1. [初出の実例]「弟子銅(あかがね)の鈴(リン)を以て入定の前にて二つ是を鳴す」(出典:源平盛衰記(14C前)一九)
  3. 大坂の花街で、時を知らせるために鳴らすすず。
    1. (イ) 毎刻、半を知らせるもの。
      1. [初出の実例]「はんじのりんふりや、どふするへ」(出典:洒落本・短華蘂葉(1786))
    2. (ロ) 南地で、夜中の一二時を知らせるもの。
      1. [初出の実例]「今夜九ツ(リン)過たら中筋へいてまって居ておくれヤ」(出典:咄本・諺臍の宿替(19C中)九)
  4. 仏具の一つ。真鍮(しんちゅう)または唐金(からかね)で作り、読経のときたたいて鳴らす小鉢形のもの。
    1. [初出の実例]「うちならしのかねをりむとなづく、如何」(出典:名語記(1275)三)
  5. ベル。電鈴。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

れい【鈴】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 中国の体鳴楽器の一つ。金属製で形は鐘に似て小さく、柄があり、内側に舌(ぜつ)があって、振って鳴らす。周代では祭祀に用いた。また、一般装飾具などにも広く用いられた。〔周礼‐春官・巾車〕
  3. 仏教の法具の一つとしてのすず。金剛鈴(こんごうれい)。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔晉書‐仏図澄伝〕
    1. 鈴<b>②</b>〈奈良県白毫寺〉
      〈奈良県白毫寺〉
  4. (合図や音楽のための)すず。りん。
    1. [初出の実例]「なふじゅ有て給はれと。鈴(レイ)おっ取てちりりんちりりん」(出典:浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「鈴」の意味・わかりやすい解説


すず

振り鳴らす発音具の一種。世界の諸民族の間で共有され、日本にも古くから伝えられてきた。青銅、金銅、銑(あらがね)、金銀などを用いた金属製のもののほかに土、木製などがある。いずれも球形のものに裂け目をつくり、空洞内に丸く固めた小球を入れ、これを振って鳴らす。江戸後期の国語辞書『和訓栞(わくんのしおり)』(谷川士清(たにがわことすが)編)には、その音が澄んでいる涼しさからこの名がついたとある。鈴を打ち鳴らせば悪魔をはらう呪力(じゅりょく)があると信じられ、神事の祭具などに用いられたのが起源と思われる。それがさらに清らかな音を伴う魔除(まよ)けの装身具類にも発達した。古墳文化時代の墳墓の副葬品や埴輪(はにわ)の土人形にもそれがみられる。手や足につけたり、鏡などの品に固着したりした。『古事記』には、犬や鷹(たか)など飼っている動物類につけたことがすでに記されている。馬具にも用いた。岩手県滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社(旧駒形(こまがた)神社)に飼い馬の安泰を祈って参詣(さんけい)する「ちゃぐちゃぐ馬こ」の祭礼は、これら「南部馬」の首に飾った鈴の音から生まれた名称である。また律令(りつりょう)時代には朝廷から出張する官人に支給した駅鈴(えきれい)があり、これを鳴らして各駅で馬を徴発したりするのに用いられた。

 鈴には球形のほかに釣鐘形のものがあり、古代には鐸(たく)といい銅や青銅製の大形のものの中に舌(ぜつ)を吊(つ)るし振り鳴らした。楽器として用いられたとも思われる。現代では小形のもので鋳物、ガラス製の風鈴類がある。一般参拝者が神前で振り鳴らす大鈴もある。振り鳴らす小形のこの種の鈴は、中世から狂言・能、江戸時代の歌舞伎所作事(かぶきしょさごと)などにも取り入れられた。土製は、土鈴(どれい)とよばれて素朴な音色と多種多様な形態のものが、全国各地の神社で授与されており、郷土玩具(がんぐ)のなかでも特異な位置を占めている。江戸時代初期、京の伏見(ふしみ)人形の一つとしてつくられたのが始まりとされる。富山県の蛇の目鈴、英彦山(ひこさん)神社(福岡県)のガラガラ鈴、金桜(かなざくら)神社(山梨県)の虫切り鈴などが知られ、江戸中期の国学者で『古事記伝』を完成させた本居宣長(もとおりのりなが)は、鈴を愛して「鈴屋(すずのや)」と自ら号した。

[斎藤良輔]

楽器としての鈴

楽器としての鈴は、その形態から、割れ目のある中空の器体内部に丸(がん)(適度な重さと堅さをもつ小物体)を封じ込めたものと、小形のカップ状で内部に舌(ぜつ)(打ち棒や小球など。クラッパーともいう)を取り付けたもの(ベル)の2種に大別される。両者とも楽器自体を振って鳴らすが、その発音原理から、前者は振奏体鳴楽器(ラットル)、後者は打奏体鳴楽器に分類される。どちらの形もアジア全域、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカで古くから用いられている。

 日本には、神楽鈴(かぐらすず)や三番叟(さんばそう)の鈴などの容器状のもの、金剛鈴(こんごうれい)などのベル形のものがある。神楽鈴は、1本の柄の先にいくつかの鈴を取り付けたもので、古代以来巫女(みこ)の舞に使われている。一方、同形のものが呪師(じゅし)の芸能に用いられ、能楽の『翁(おきな)』の三番叟や歌舞伎(かぶき)舞踊、民俗芸能に残っている。金剛鈴は柄のついた手鈴(しゅれい)の一種で、仏教の法会(ほうえ)で用いられる。天台宗真言宗の鈴(れい)は柄に5種の形があり、五種鈴とよぶ。インドネシアのバリ島では、グントラクとよばれる木製の枠に複数の小さなベル形の鈴を吊るしたものが用いられている。インドでは、ヒンドゥー教が紀元前6世紀には容器状の鈴を取り入れ、とくに鈴を足につけて踊ることが神を喜ばせる行為とされ、今日もマニプリ・ダンスやカタック・ダンスに使用されている。

 アフリカでは、ベル形の鈴が行進の音楽や舞踊で盛んに用いられる。容器状の鈴は、ベル形に比べて、より強い魔力をもつと考えられ、みだりに使用されない例が各地にある。

 南アメリカのプレ・インカ期の遺跡から出土される金や銀製の容器状の鈴は、儀礼の道具として、また舞踊の装身具として用いられた。今日でも伝統的な祭りでは、この種の鈴を足首につけて行う舞踊が多い。ヨーロッパ人の侵入以前のアメリカ大陸では、ベル形は比較的少ない。

 ヨーロッパでは、教会の鐘が発達したため、ベル形の鈴が非常に目だつ。遅くとも14世紀には、ベルをいくつかセットにしたベル・チャイムで音楽的表現を行う試みがみられる。のちに奏法や装置がくふうされ、鍵盤(けんばん)操作や機械仕掛けで複数のベルを鳴らすカリヨンcarillon(フランス語)が発達した。近年では、電気や圧縮空気を利用した自動演奏装置付きのものもみられる。また、ハンド・ベルとよばれるハンドル付きの小形ベルは、本来イギリスで教会の組鐘を何人かで鳴らす技巧練習用であったが、今日ではそれから独立して、数人があわせて音楽を演奏する形態ができあがっている。

[卜田隆嗣]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「鈴」の意味・わかりやすい解説

鈴 (すず)

中空の身の中に,丸(がん)を封じた楽器,鳴物。身は球形で一端に細い口(鈴口(すずくち))をあけるのが一般であるが,扁平なものや砲弾形,多角形のものもあり,また何ヵ所もの口をあける場合がある。比較的小型で,金属のほか土や木でもつくられ,吊り下げるための鈕(ちゆう)をもつ。〈がらがら〉などと同じように,乾燥した木の実などに,その原型を求める説もある。

 日本では古く〈須須(すず)〉と書かれ(《和名抄》),その語源は朝鮮語起源説(《東雅》),〈音の涼しきより名づくならむ〉(《和訓栞(わくんのしおり)》)などと諸説あるが,明らかではない。今日用いる〈鈴〉の字は,中国では本来,構造の異なる青銅製の2種の〈カネ〉(鐘)を指している。一つは上述したような〈スズ〉で,いま一つは〈レイ〉である。レイは有鈕有舌,すなわち筒状の身の閉じた方の端に鈕をそなえ,もう一端は開いて終わり,内側に発音用の棒(舌(ぜつ))を吊して,これが身を打って発音する。このレイを日本では,銅鐸,風鐸,馬鐸などのように,古くから(たく)と呼ぶ。しかし中国で鐸とするのは有柄有舌のカネで,鈕によって吊り下げるのではなく,把手をそなえ,これを握って揺らし鳴らすものをいう。しかもこれに対しては,日本では密教法具の金剛鈴(こんごうれい)のように〈レイ〉と呼び,鐸と鈴(れい)の関係が逆転しているので注意を要する。

 先史時代以来,粘土をこね焼成してつくった土鈴(どれい)は,世界各地で知られている。青銅のスズは,他の器物と一体につくられた付属のスズが中国では殷代に始まり,単体の独立したスズは,それより遅れるらしい。戦国時代のころには,中国北方および西方にかけての遊牧民の間でスズ付きの竿頭が発達し,西はヨーロッパ,東は朝鮮半島にも及んだ。日本では縄文時代に土鈴ともみられる土製品があるが,青銅のスズが伝わったのは古墳時代で,独立のスズには馬具の一種である馬鈴(ばれい)があり,犬や鷹狩りの鷹にスズを付けたことも埴輪から知られる。付属のスズには鈴鏡(れいきよう),鈴釧(すずくしろ),環鈴(かんれい)(3個のスズを銅鐶でつなぎ,三環鈴(さんかんれい)とも呼ぶ)など,日本独自のものもある。古代以来,寺院の幡(ばん),社寺の華鬘(けまん)にもスズが付けられ,駅馬を使う資格の証(あかし)としては,大化(645)以来,駅鈴(えきれい)が用いられた。神社の拝殿のスズ,神楽用のスズは,神霊を招き邪悪を払うものとされ,寺院の鐘や鰐口(わにぐち)とともに,人びとと神仏を結ぶ役割を担ったといえよう。

 一方,日本で鐸と呼びならわしたレイは,中国では殷・周代以来,青銅器や旂(き)(一種の旗),佩(はい)などに吊された。また家畜の頸(くび)につるすレイも大いに発達した。古代西アジアやその以西に分布する家畜のレイは,中国起源ともいわれる。家畜用のレイは,戦国から漢代にかけて朝鮮半島にも伝わり,独自の朝鮮式小銅鐸が生まれ,日本の九州にまで及んでいる。ただし稲作の伝来に際して家畜を伴わなかった日本では,レイが祭儀に用いられる銅鐸として発展し,ついには音を出さない〈見る銅鐸〉となった。これとは別に,古墳時代になってレイが伝わり,馬鐸と呼ばれるが,これも中国ふうにいえば〈馬鈴〉である。平安時代初期に,空海ら入唐八家がもたらした密教法具のレイは金剛鈴と総称され,把手の形によって独鈷鈴(どつこれい),三鈷鈴,五鈷鈴,九鈷鈴,宝珠鈴,塔鈴などがあり,また身の部分の装飾によって,三昧耶鈴(さまやれい),種字(梵字)鈴などがある。

 スズは,余韻がない,という音の性質から,ほとんどの場合,人間や動物の動きに伴う用い方がなされる。牛やヤギ,羊,また馬などにつけられる鈴は,その位置を知らせたり,動きを華やかにすると同時に,蛇などの害獣から守るためのものとも考えられた。踊りや宗教的祭儀では,スズを体につけたり,またうち振ったりされたが,多数のスズを互いに触れ合わないよう間隔をあけて紐などに結びつけたものを,手,足,胴に巻きつけ,拍を強調しながら踊る例は,インド,アフリカ,ヨーロッパなどの広範囲でみられる。また鈴は魔よけとも考えられ,中世ヨーロッパには衣服の装飾を兼ねて縫いつけられた例がある。日本でも子どもの衣服やはき物,また財布などの小物にスズをつける習慣があるが,これも本来,魔よけなど中世ヨーロッパの例に類するものであろう。

執筆者:



鈴 (れい)

〈鈴〉の字をレイと読む場合,日本では有柄有舌の体鳴楽器,すなわち把手をもち内部に舌(ぜつ)を吊るして,振ると舌が本体の内側を打って発音するものをいい,一般には密教法具の金剛鈴(こんごうれい)を指す。しかし中国で〈鈴〉とするものは,スズや日本のレイと異なり,有鈕有舌の鐘(かね),すなわち吊り手をもち,内部に舌を吊るすものをいい,日本ではこれを古くから(たく)と呼んでいる。さらに中国ではレイにあたる有柄有舌のものに鐸の字を用いており,混乱を招きやすい。

 金剛鈴は金剛杵(しよ)とともに,密教教義に即した機能と形状を有している。金剛杵が煩悩を破る武器としての形状を杵の両端に示しているのに対して,金剛鈴は仏を驚覚・歓喜させる目的で手で振り鳴らすベルであり,小さな釣鐘状の響銅(さはり)製本体に,内部に吊るした舌が当たって澄んだ音がする。保持するための柄の先が金剛杵の片側と共通する形状で,その部分の形の差異により,独鈷(どつこ)鈴,三鈷鈴,五鈷鈴,宝珠鈴,塔鈴などと呼ばれる。密教法会で導師が用いるが,似た形状の鈴を御詠歌の伴奏にも用いる。この他,仏教楽器で鈴とも称されるのは,柄のついた球状の本体に一文字の割れ目があり,中の球が触れて音がする鐃(によう)(金鐃(こんによう))である。南都の悔過(けか)系法要で大導師や呪師などが用いる。
鐘,鉦 →(すず)
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鈴」の意味・わかりやすい解説


すず

中空で割れ目のある器体に丸 (がん) を入れて振鳴らす振奏体鳴楽器。「すず」は大和言葉で,日本には古来木の実や土でつくった原始的な鈴があったとされるが,今日一般的な金属製のものは古墳時代に大陸より伝来したといわれる。リズム楽器としてのみでなく,呪術的な意味をもつ装身具としても用いられ,棒の先に複数の鈴を取付けた神楽鈴は,巫女舞や神聖視される能『三番叟』の舞踊などに使われてきた。そのほか,神社拝殿正面の大きな鈴,歌舞伎囃子に用いられる「駅路 (えきろ) 」などがある。なお,同じ字をあてるが (れい) や鈴 (りん) と読む場合は異なる楽器をさす。


れい

日本の体鳴楽器。「振鈴」「鈴鐸」「金鐸」などともいう。金属製の楽器で,円筒の中に金属の舌 (ぜつ) をつるし,それが周囲に当って音を出すものであるが,無舌のものもある。仏教儀式中,特に密教の修法に柄のついた手鈴が用いられ,金剛杵の一部に鈴をつけたようなものであることから,「金剛鈴」ともいわれ,「独鈷 (とっこ) 鈴」「三鈷鈴」「五鈷鈴」などの別がある。歌舞伎の下座音楽では,宮殿,寺院などの場で,雅楽の気分を出すために鉦鼓の代用として用いられる。いわゆる「すず」と「れい」を合せて「すず」と呼ばれることもある (→鈴〈すず〉 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【打鳴】より

…響銅製で小さな鉢の形をしており,下に座布団を敷き,細い金属製の棒,または木製の細棒で縁を打って音を出す。鏧,鏧子(けいす),小鏧(しようきん),鋺(金椀)(かなまり),鈴(りん)などともいう。また打鳴は寺院で用いる大型のものを指す場合もある。…

【鐘∥鉦】より

…身の他端は,梵鐘(ぼんしよう)(=釣鐘)のように開いて終わるものが多い。しかし鈴(すず)のように包まれた形のものもある。発音のための構造としては,ヨーロッパの教会の〈鐘(かね)〉や家畜のベルのように身の内側に舌(ぜつ)clapperとよぶ棒をつるす場合と,鈴のように丸(がん)を入れる場合,舌,丸いずれももたない場合がある。…

【祭具】より

…第2の鋪設用祭具は祭場の神座をしつらえ,幣帛を包む薦(こも),食物をすえる麻簀(あさす),案・机の上下に敷物として用いる蓆(むしろ),畳,茵(しとね)などである。第3の装飾用祭具としては榊,注連(しめ),鈴(すず),鰐口(わにぐち)があげられている。榊は栄木(さかき)で常緑樹の総称であったが,後に一種の樹を特定して指すようになった。…

【日本音楽】より

…前者は〈やまとぶえ(大和笛,倭笛)〉と呼ばれ,後者は〈つづみ(鼓)〉と呼ばれる。鈴も喜ばれたらしい。1943年,静岡市郊外の登呂遺跡から,小型の5弦琴らしいものが発見されたが,その後,千葉県,滋賀県,福岡県などからも発掘された。…

【鈴鏡】より

…古墳時代の仿製鏡(ぼうせいきよう)の一種。円盤形で,背面を図像文様で飾り,その中央に半球形の鈕(ちゆう)をそなえる点では,他の仿製鏡と同じであるが,周縁に球形に近い鈴が突出付加された形状となったもので,本来鏡のもった映像反射機能をほとんど失って音響発振具と化した,鏡としては日本独自のものである。鈴部分は,鏡本体部分と同一の鋳型で同時に鋳造したもので,別に製作した鈴を本体に接合したものではない。…

【鈴】より

…中空の身の中に,丸(がん)を封じた楽器,鳴物。身は球形で一端に細い口(鈴口(すずくち))をあけるのが一般であるが,扁平なものや砲弾形,多角形のものもあり,また何ヵ所もの口をあける場合がある。比較的小型で,金属のほか土や木でもつくられ,吊り下げるための鈕(ちゆう)をもつ。…

【鐃】より

…〈どう〉ともいう。(かね)・銅鑼(どら)の類,(れい)類,銅鈸(どうばつ)類のいずれについても用いられた名称。古代中国では舌をもたない大型の鈴をいい,のちには舌をつけたものも指す。…

※「鈴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android