コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄復堂 てつ ふくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄復堂 てつ-ふくどう

1777-1843 江戸時代後期の儒者。
安永6年生まれ。那波網川(なわ-もうせん)にまなび,のち江戸で古賀精里の門にはいる。加賀金沢藩にまねかれたが,郷里の阿波(あわ)(徳島県)にかえって私塾をひらき,新居水竹(にい-すいちく),若山勿堂(ぶつどう)らをそだてた。天保(てんぽう)14年11月7日死去。67歳。名は煥,顕考。字(あざな)は子文。通称は嘉三。別号に芳渓,高亭など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鉄復堂の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村ファッション・ブックライトズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー巻菱湖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android