コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉畹梵芳 ぎょくえん ぼんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉畹梵芳 ぎょくえん-ぼんぽう

1348-? 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)の法をつぎ,義堂周信詩文をまなぶ。のち建仁(けんにん)寺,南禅寺住持となる。将軍足利義持(よしもち)に重用されたが,応永27年(1420)怒りにふれて隠遁(いんとん)し,以後の消息は不明。水墨画をよくし,代表作に「蘭石図」「蘭蕙(らんけい)同芳図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくえんぼんぽう【玉畹梵芳】

?‐1420(応永27)
京都五山の建仁寺,南禅寺の住持をつとめた禅僧。春屋妙葩(しゆんおくみようは)の法嗣で,玉畹は号。足利義持に重用されたがのちに離反し,投老庵を構え70余歳で近江に隠棲示寂した。隠逸を好んだ文人的性格で,風月を友とし,鉄舟徳済(てつしゆうとくさい)とともに中国元代の画僧雪窓風の墨蘭図を得意とした。詩画軸への著賛をはじめ《蘭石図》(鹿王院)など多くの作品が現存する。【衛藤 駿】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

玉畹梵芳の関連キーワード室町時代南北朝鉄牛貞和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉畹梵芳の関連情報