コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉畹梵芳 ぎょくえん ぼんぽう

2件 の用語解説(玉畹梵芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉畹梵芳 ぎょくえん-ぼんぽう

1348-? 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)の法をつぎ,義堂周信に詩文をまなぶ。のち建仁(けんにん)寺,南禅寺の住持となる。将軍足利義持(よしもち)に重用されたが,応永27年(1420)怒りにふれて隠遁(いんとん)し,以後の消息は不明。水墨画をよくし,代表作に「蘭石図」「蘭蕙(らんけい)同芳図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくえんぼんぽう【玉畹梵芳】

?‐1420(応永27)
京都五山建仁寺,南禅寺の住持をつとめた禅僧。春屋妙葩(しゆんおくみようは)の法嗣で,玉畹は号。足利義持に重用されたがのちに離反し,投老庵を構え70余歳で近江に隠棲示寂した。隠逸を好んだ文人的性格で,風月を友とし,鉄舟徳済(てつしゆうとくさい)とともに中国元代の画僧雪窓風の墨蘭図を得意とした。詩画軸への著賛をはじめ《蘭石図》(鹿王院)など多くの作品が現存する。【衛藤 駿】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

玉畹梵芳の関連キーワードデカメロンロレンツェッティ崇光天皇デカメロン楠木正時楠木正行楠木正時四條畷正法寺妙興寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone