コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砲和え テッポウアエ

デジタル大辞泉の解説

てっぽう‐あえ〔テツパウあへ〕【鉄砲和え】

からし酢味噌ネギと魚・貝などをあえたもの。名は、からしが効くところからとも、ネギの芯(しん)が抜けるのが鉄砲に似るところからともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぽうあえ【鉄砲和え】

みじん切りにした長葱ながねぎをすって加えた酢味噌を用いて、魚介類をあえるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄砲和え
てっぽうあえ

香川県の郷土料理。コイを材料にするが、フナを用いてもよい。中ぐらいのコイ一尾か、大きいフナ一尾を三枚におろして刺身につくり、塩少々と酢をふりかける。ダイコン中1本を短冊に切って塩をふりかけ、さっと水洗いにして水分をきっておく。魚とダイコンを用意しておいた酢みそで和える。酢みそは、すり鉢で唐辛子をよくすり、白みそを加えてふたたびすり混ぜ、砂糖、酢を適宜加えて味をととのえてつくる。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉄砲和えの関連キーワード多田鉄之助魚介類長葱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android