鉄砲巻(読み)テッポウマキ

デジタル大辞泉 「鉄砲巻」の意味・読み・例文・類語

てっぽう‐まき〔テツパウ‐〕【鉄砲巻(き)】

干瓢かんぴょうしんにした細い海苔のり巻き。鉄砲砲身に似るところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鉄砲巻」の意味・読み・例文・類語

てっぽう‐まきテッパウ‥【鉄砲巻】

  1. 〘 名詞 〙 かんぴょうを心(しん)にした飯を、のりで巻き、細い円筒形にしたもの。のりまき。鉄砲。
    1. [初出の実例]「大皿の鉄砲まき分捕(ぶんどり)次第と沙汰ありて」(出典われから(1896)〈樋口一葉一一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「鉄砲巻」の解説

鉄砲巻

新潟県佐渡島郷土菓子タイゴロ」の別称団子を包んだカヤの葉(笹の葉)の見た目が、先端部が細く鉄砲のように見えることから。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android