コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干瓢 かんぴょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干瓢
かんぴょう

ウリ科の植物ユウガオ (夕顔) の実の果肉を,薄く紐状に削って天日に干した乾燥野菜。水で戻して海苔巻などに用いられる。料理法は精進料理とともに鎌倉時代に日本に伝わった。栃木県の特産品で,全国生産の約 90%をまかなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぴょう〔‐ペウ〕【干×瓢/乾×瓢】

ユウガオの白い果肉を細長くむき、干した食品。鮨(すし)・煮物の具にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

干瓢【かんぴょう】

ユウガオの果肉を細長くむき,乾燥した食品。肉厚で幅広く,乳白色のものが良品とされる。水につけてもどし,甘辛く煮てすしの具などにする。栃木県が主産地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

干瓢 (カンピョウ)

植物。ウリ科の一年生つる植物,園芸植物,薬用植物。ユウガオの別称

干瓢 (カンピョウ)

植物。ウリ科の夕顔の品種。フクベの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

干瓢の関連キーワード日本のおもな郷土料理ヒョウタン(瓢箪)鉄砲巻き・鉄砲巻干瓢巻き・干瓢巻ヨルガオ(夜顔)ユウガオ(夕顔)栃木(県)壬生(町)下野(市)乾燥食品ぼんでん結わえるまめぶ汁幕の内南河内口取り蒸し鮨鉄砲巻茶巾鮨瓠・瓢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干瓢の関連情報