コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛合金 なまりごうきん

2件 の用語解説(鉛合金の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なまりごうきん【鉛合金】

鉛を成分として含む合金の総称。硬鉛・はんだ・軸受合金・活字合金など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なまりごうきん【鉛合金 lead alloy】

鉛がもつ種々の特性を生かし,使用目的に合うように強さや硬さなどの不足する点を補った,鉛を成分の一つとする合金の総称。広く用いられているのが鉛‐アンチモンPb‐Sb合金で,実用鉛合金中で硬度が最も高く,硬鉛と呼ばれる機械的性質耐食性にすぐれる。Sbの範囲には種々のものがあり,板,管などとして用いられ,化学工業用装置,継手などにもされる。水道管にはSb約1%の合金,自動車蓄電池には5%程度の合金が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉛合金の関連キーワード給水管質感特質哨戒ヘリコプター大の虫を生かして小の虫を殺すフリースペース持味アルミ蒸着フィルム分光蛍光光度計昆虫産業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉛合金の関連情報