コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛銭 ナマリセン

デジタル大辞泉の解説

なまり‐せん【鉛銭】

鋳造した銭貨。中世から近世初期にかけて流通した悪質の私鋳銭のほか、江戸末期から明治初期に関東・東北の一部で流通したものがある。なまりぜに。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまりぜに【鉛銭】

鉛で鋳造した銭。室町時代から江戸初期に流通した私鋳銭や、江戸末期に関東・東北の一部で鋳造使用されたものなどがある。なまりせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉛銭の関連キーワード皇朝十二銭室町時代鳩の目

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android