鉛銭(読み)なまりせん

精選版 日本国語大辞典「鉛銭」の解説

なまり‐せん【鉛銭】

〘名〙 製の銭貨。日本の鉛銭は平安中期の延喜通宝乾元大宝の両銭に始まるとする説があるが、この二銭は元来銅銭であり、鉛銭とみられるものは鉛分を多く含んだ銅銭であって、鉛銭として鋳造されたものではない。中世中期から近世初期にかけ当時通用の諸銭貨を模した鉛銭が各地で鋳造されたが、これらは悪質の私鋳貨として取り扱われたに過ぎない。純然たる鉛銭は江戸時代末期に発生し、明治初期にかけて一部の地方に通用したもので、上野国渋川を中心とする商家発行の鉛切手銭、越後田塚の鉛銭、陸奥仙台領の細倉当百銭、羽前米沢藩の生産局鉛銭などが知られている。なまりぜに。〔随筆・昆陽漫録(1763)〕

なまり‐ぜに【鉛銭】

※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「鳩の目と云おかしげなる鉛銭(ナマリセニ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android