コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀仏 ぎんぶつ

2件 の用語解説(銀仏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんぶつ【銀仏】

銀製の鋳造仏。インドでも仏像造顕の初期にすでに製作されたと思われるが,遺品は知られず,《大唐西域記》によれば645年に唐僧玄奘がインドから請来したことが見える。日本では奈良時代以後の造像を記す文献があり,平安時代以後も天皇,貴族の発願によりしばしば製作された。その展開は,ほぼ金銅仏に準じると思われるが,材料が高価なため,造像の機会は少なく,像も小型である。遺品は少なく,奈良時代8世紀のものとして東大寺法華堂不空羂索観音像の宝冠に付けられた蠟型鋳造,銀製めっきによる像高23.6cmの化仏阿弥陀如来立像,および興福寺東金堂から発見されたほぼ等身大の像の右腕の残欠部が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀仏
ぎんぶつ

銀製鋳造の仏像。金属を材料とした仏像には金、銀、銅、鉄などが用いられ、『大乗造仏功徳(くどく)経』にも仏像に適する金属として前記の順にあげられている。しかし金銀といった貴金属はなかなか使いきれず、銅を用いることが多い。しかし銀は金よりもかなり廉価であり、肌合いの軟らかさもあって、ずいぶん使用されている。現存する遺品は、興福寺東金堂(こんどう)から有名な旧山田寺の仏頭とともに発見された等身像と思われる仏像の腕、東大寺三月堂不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)像の宝冠についている化仏(けぶつ)(奈良時代)、滋賀浄厳院(じょうごんいん)の阿弥陀如来(あみだにょらい)立像(鎌倉時代)くらいであるが、平安時代にはとくに流行したらしく、記録のうえでは、金銅仏をつくるよりも、銀仏を制作した記事のほうが多いくらいである。銀の鋳造は銅などより、「す」ができやすく、むずかしいといわれる。銀仏はそのままではなく、金めっきをしたものと考えられる。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀仏の関連キーワード金銅神も仏もない銀製グランドデザイン鈴木長吉造仏造仏供養鉛銭インバウンドデータ銀鉤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone