コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀泥 ギンデイ

大辞林 第三版の解説

ぎんでい【銀泥】

銀粉を膠にかわに溶き混ぜた顔料。書画に用いる。白泥びやくでい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀泥の関連キーワード錆押さえ・錆押え金銀泥下絵和歌巻にかわ(膠)本阿弥光悦高雄曼荼羅桂本万葉集金銀泥絵奈良絵本井戸川豊俵屋宗達新羅写経銀ザラサ神護寺装飾経子島寺泥引き泥描き銀文字源氏雲彩・濃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀泥の関連情報