銀箔・銀薄(読み)ぎんぱく

精選版 日本国語大辞典「銀箔・銀薄」の解説

ぎん‐ぱく【銀箔・銀薄】

〘名〙 (古くは「ぎんばく」) を槌(つち)でたたいて、紙のように薄くのばしたもの。
平家(13C前)一「木刀(きがたな)に銀薄をぞ押したりける」
※易林本節用集(1597)「銀箔 ギンバク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android