コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀蜻蜓 ギンヤンマ

2件 の用語解説(銀蜻蜓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐やんま【銀蜻蜓】

ヤンマ科のトンボ。体長7センチくらい。全体に光沢のある緑色で、腹部の基部が雄は青色で銀色の部分があり、雌は黄緑色、他の部分は黒褐色で淡色の斑紋がある。翅は透明。東京地方では雄をギン、雌をチャンとよんでいた。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎんやんま【銀蜻蜓】

トンボ目ヤンマ科の昆虫。最も普通にみられる大形のトンボで、体長約7センチメートル。胸部は緑色。腹部第一・二節の背面は、雄では青色、雌では黄緑色で三節以下は褐色。はねは透明でやや褐色を帯び、特に雌は濃い。夕方群れになって飛ぶ。 〔雄を「ぎん」、雌を「ちゃん」と俗称する〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀蜻蜓の関連キーワード青糸蜻蛉越年蜻蛉鬼蜻蜓黄蜻蛉蜻蜓角蜻蛉羽黒蜻蛉蛇蜻蛉団扇蜻蜓ヤンマ(蜻蜓)