コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅仁 どうじん

百科事典マイペディアの解説

銅仁【どうじん】

中国,貴州省北東部,湖南省境に近い都市。湖南省方面との連絡も便利で,【げん】江の支流錦江水運の要地である。付近に産する桐油,茶,五倍子などの取引が盛ん。南方の万山場は中国有数の水銀産地として著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅仁
どうじん / トンレン

中国、貴州(きしゅう)省北東部の地級市。湖南(こなん)省境付近、(げんこう)の支流辰水(しんすい)水系流域に位置する。人口427万2000(2011)。2市轄区、4県、4自治県を管轄する(2016年時点)。古くはミャオ族(苗(びょう)族)の地で、元代以降、中央王朝の統治が及ぶようになった。トゥチャ族(土家族)、ミャオ族、トン族などの少数民族が人口の約7割を占める。水運と湖南省への自動車道による省北東部の交易中心地であり、また、南の万山(まんざん)には中国有数の水銀産地がある。[小野菊雄・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

銅仁の関連キーワードクイチョウ(貴州)省貴州(省)苗民の乱トンレン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android