銅川(読み)どうせん(英語表記)Tóng chuān

世界大百科事典 第2版の解説

どうせん【銅川 Tóng chuān】

中国,陝西省中央,黄土台地の南端を占める省直轄市。市政府は咸陽(かんよう)より通ずる咸銅鉄道の終点である十里舗に置かれ,市域内には耀県(ようけん)を含む。秦・漢においては国都長安の畿内の地として左馮翊(さひようよく)に属し,今の耀県の地に祋県(たいうけん)が置かれた。三国魏はここに北地郡を置き,北朝を通じて宜州,通川郡と名称は変わったが,長安より北方の塞外へ至る交通路上の要衝であった。一方,銅川の地は,晋のとき,北方異民族である前秦が同官護軍を置き,北魏のときに県となって北地郡に属した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅川
どうせん / トンチョワン

中国、陝西(せんせい)省中部の地級市。耀州(ようしゅう)など3市轄区と宜君(ぎくん)県を管轄する(2016年時点)。常住人口83万4437(2010)。黄土(こうど)高原の南端に渭河(いが)平原を望んで位置し、関中(かんちゅう)中心部の北方を固めるとともに、関中より陝西省北部へ至る交通路を押さえる要衝であった。この付近は、長安に都のあった時代はその畿内(きない)に含まれたが、北魏(ほくぎ)のとき、北雍州(ほくようしゅう)が設けられ、銅川の位置には銅官(どうかん)県(のち同官県と改められる)が設けられた。地名は傍らを流れる同官川にちなむ。1946年銅川県と改められ、1958年市となった。
 咸銅線(咸陽(かんよう)―銅川)、梅七線(梅家坪(ばいかへい)―前河鎮)が通じる。渭河平原北部の工業中心地であり、石炭業、セメント工業、機械工業などが盛ん。市内には唐の玉華宮(ぎょくかきゅう)や、北宋(ほくそう)の青磁製作で著名な耀州窯(よう)の遺跡があるほか、耀州区には本草学に関する碑石で有名な薬王山がある。[秋山元秀・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android