コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耀州窯 ようしゅうようYao-zhou-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耀州窯
ようしゅうよう
Yao-zhou-yao

中国,陝西省銅川市耀県にあった青磁窯。唐末・五代には,黒釉・白釉・鉄絵陶を生産,北宗に入って青磁が主となった。オリーブ色浮彫の花文のあるのが特徴。中国で臨汝窯,日本でかつて汝窯 (じょよう) と呼んでいたものは,この窯で焼かれたものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

耀州窯【ようしゅうよう】

中国陝西省銅川市黄堡鎮にある華北を代表する青磁窯,またその作品。これと同様の作風の青磁を焼成する周辺の窯も,広義に耀州窯系とされる。唐時代に開窯,五代ごろより青磁を焼成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうよう【耀州窯 Yào zhōu yáo】

中国北方の青磁窯址。陝西省銅川(どうせん)市の黄堡鎮(こうほちん),立地坡(りつちは),玉華宮に分布し,北宋,金代に栄えた。唐代に開窯したといわれるが,本格的に青磁を生産するようになるのは北宋時代である。黄味をおびたオリーブ色の青磁釉で,器面には片切彫といわれる深い刻花によって花卉(かき)文や牡丹文,唐草文などを描いている。釉層は竜泉窯青磁より浅いが,片切彫の溝の中に釉が深くたまり,力強い造形と装飾の作品が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

耀州窯の関連キーワード陶芸

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android