コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耀州窯 ようしゅうよう Yao-zhou-yao

3件 の用語解説(耀州窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耀州窯
ようしゅうよう
Yao-zhou-yao

中国,陝西省銅川市耀県にあった青磁窯。唐末・五代には,黒釉・白釉・鉄絵陶を生産,北宗に入って青磁が主となった。オリーブ色で浮彫の花文のあるのが特徴。中国で臨汝窯,日本でかつて汝窯 (じょよう) と呼んでいたものは,この窯で焼かれたものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

耀州窯【ようしゅうよう】

中国陝西省銅川市黄堡鎮にある華北を代表する青磁窯,またその作品。これと同様の作風の青磁を焼成する周辺の窯も,広義に耀州窯系とされる。唐時代に開窯,五代ごろより青磁を焼成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅうよう【耀州窯 Yào zhōu yáo】

中国北方の青磁窯址。陝西省銅川(どうせん)市の黄堡鎮(こうほちん),立地坡(りつちは),玉華宮に分布し,北宋,金代に栄えた。唐代に開窯したといわれるが,本格的に青磁を生産するようになるのは北宋時代である。黄味をおびたオリーブ色の青磁釉で,器面には片切彫といわれる深い刻花によって花卉(かき)文や牡丹文,唐草文などを描いている。釉層は竜泉窯青磁より浅いが,片切彫の溝の中に釉が深くたまり,力強い造形と装飾の作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耀州窯の関連キーワード越州窯砧青磁邢州窯高麗青磁陝西省竜泉窯哥窯胡国汝官窯銅川