コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銓選 せんせんquán xuǎn

世界大百科事典 第2版の解説

せんせん【銓選 quán xuǎn】

中国において・唐から清朝までの間に実施された官員選考制度。銓衡選用の略。科挙制度以前では,官に登用されることは実際の職務につくことを意味したが,隋・唐以後の科挙合格者(宋以後の進士)は,最高位の数人を除き,単に官僚の有資格者にすぎず,すべて吏部の銓選を経て始めて官職が得られた。唐代の銓選は,身言書判の試験を伴い,吏部を牙城とした特権貴族の妨害で,下層出身の科挙合格者は官職を手に入れにくかった。宋以後,銓選は新進士の任用と,数万の官員の定期的人事異動を兼ね,その円滑な運用が皇帝の重要な責務となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android