コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身言書判 シンゲンショハン

2件 の用語解説(身言書判の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐げん‐しょ‐はん【身言書判】

中国、代の官吏登用の際、人物評価の基準とした身体・言辞・筆跡・文章の四つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんげんしょはん【身言書判 shēn yán shū pàn】

中国,唐代に文官と武官を採用する際に吏部と兵部での面接試験でテストされた4項のこと。〈身〉とは体格容貌を指し,豊偉であることが要求され,〈言〉とは言語発音を指し,弁正さが求められ,〈書〉とは筆跡を指し,遵美が求められ,〈判〉とは決裁文を指し,文理が優長であることが要求された。これら4項を満足させた者は,徳行,才能,労効の実績を勘案のうえで任用された。【礪波 護】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone