身言書判(読み)シンゲンショハン

世界大百科事典 第2版の解説

しんげんしょはん【身言書判 shēn yán shū pàn】

中国,唐代に文官と武官を採用する際に吏部と兵部での面接試験でテストされた4項のこと。〈身〉とは体格容貌を指し,豊偉であることが要求され,〈言〉とは言語発音を指し,弁正さが求められ,〈書〉とは筆跡を指し,遵美が求められ,〈判〉とは決裁文を指し,文理が優長であることが要求された。これら4項を満足させた者は,徳行,才能,労効の実績を勘案のうえで任用された。【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android