コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情実 ジョウジツ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じつ〔ジヤウ‐〕【情実】

個人的な利害・感情がからんで公平な取扱いができない関係や状態。「情実を交える」「情実にとらわれない」「情実を排する」
実際のありさま。実情。
「諸国の―を問い」〈藤村夜明け前
偽りのない気持ち。まごころ。
「―互に相通じて怨望嫉妬の念は忽ち消散せざるを得ず」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじつ【情実】

個人的な感情などがからまって、公正を欠いた事情や関係。 「 -を排する」
物事の本当のありさま。実情。 「今いつた-ゆゑ/当世書生気質 逍遥
いつわりのない心。まごころ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

情実の関連キーワード民撰議院設立建白書(抄)スポイルズ・システムメリット・システムメリット・システムキャリア・システム志濃夫廼舎歌集当世書生気質ネポティズムピアレビュー日本振興銀行組織活性化アプラ運動公務員制度資格任用制公務員試験しょしめるセズマリア疇昔・畴昔官僚主義九品中正

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情実の関連情報