コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銘柄品種 めいがらひんしゅ

1件 の用語解説(銘柄品種の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めいがらひんしゅ【銘柄品種】

特別な産地の特別な米の品種(うるち米,醸造米)のうちで優れた品質をもつものをいう。銘柄米ともいう。農産物検査法の定めるところによって決まっているもので,市場価値が高い。かつては麦類も指定されていたが,現在は米だけである。特定の地域で栽培,産出された特定の品種は,よい品質をもっているということを銘柄として認めようとするもので,現在は産地品種銘柄というものが指定されている。例えば宮城県産ササニシキというような指定のしかたである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銘柄品種の関連キーワード超幾何分布特別支援学級特装役日特別裁判籍うるち(粳)米しん(糝)粉臨界相ブレンド米レーガー:左手のための4つの特別な練習曲/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone