コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指定銘柄 シテイメイガラ

デジタル大辞泉の解説

してい‐めいがら【指定銘柄】

信用取引銘柄のうちから各業種を代表し、市場性が大きく、市場の動向を敏感に反映する銘柄を各証券取引所が選んで指定したもの。特定銘柄に代わって昭和53年(1978)から平成3年(1991)まで実施され、特別な優遇措置がとられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

していめいがら【指定銘柄】

株式流通市場の厚みと流動性の増大,公正な価格形成の確保と市場機能の一層の強化を目指して,証券取引所が指定した銘柄に特別の信用取引条件を付与する制度を指定銘柄制度といい,その銘柄を指定銘柄と呼ぶ。指定銘柄は株式流通市場において,市場性が豊かで,しかも市場動向を敏感に表す銘柄のうち,その業種を代表する銘柄が選ばれる。指定銘柄制度は1978年10月から従来の特定銘柄制度(淵源をたどれば,1951年10月指定銘柄制度ができ,54年10月これにとって代わって特定銘柄制度ができた)に代わって実施されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指定銘柄
していめいがら

証券市場の市場動向についてすばやい反応を示し、市場性が高く、かつ業種を代表するような人気の高い銘柄を証券取引所がとくに指定した株式。1954年(昭和29)、市場を活発化させることを目的にスタートした特定銘柄にかわって、1978年10月から1991年(平成3)9月まで実施された。売買単位、決済期日、手数料など信用取引促進の諸策が組み込まれていた。指定銘柄は各証券取引所が独自に選んだが、たとえば東京証券取引所の指定銘柄は、平和不動産、東レ、旭化成工業(あさひかせいこうぎょう)、日本石油、住友電気工業、日本電気、松下電器産業、三菱重工業(みつびしじゅうこうぎょう)、トヨタ自動車、三井物産、東京海上火災保険、日本郵船の12銘柄で、市場の指標的存在だった。こうした特別な銘柄に限って適用してきた有利な取引条件を一般銘柄に拡大するために、1991年10月1日に廃止された。[桶田 篤]
 以上のように「指定銘柄」は廃止されたものの、たとえば「東証一部指定銘柄」という用語は存在する。これは単に「東証一部市場に指定された銘柄」という意味であり、当該「指定銘柄」とは異なる用語であることには注意が必要である。[前田拓生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

指定銘柄の関連キーワード輸出物価指数・輸入物価指数グリーンシート市場グリーンシート信用取引銘柄夢やまびこ豚撃柝売買ザラ場高台

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

指定銘柄の関連情報