コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子大漁節 チョウシタイリョウブシ

3件 の用語解説(銚子大漁節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうし‐たいりょうぶし〔テウシタイレフぶし〕【銚子大漁節】

千葉県の民謡で、銚子市の酒盛り歌・盆踊り歌。元治元年(1864)大漁を祝って、網元の網代久三郎らが作ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうしたいりょうぶし【銚子大漁節】

千葉県銚子市の民謡で、大漁祝い唄。源流は「一つとせ」「心中節」。歌詞は1864年(元治1)に鰯いわしの大漁を祝して作られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子大漁節
ちょうしたいりょうぶし

千葉県銚子市の民謡。同地方の漁民がイワシの大漁のおりに歌ってきた祝い唄(うた)で、その源流は、江戸時代後期、読み売りや心中節売りの人々が歌っていた『一つとせ』とか『心中節』とよばれるものである。ところが1864年(元治1)銚子が未曽有(みぞう)のイワシの大漁でにぎわったので、その記念に「大漁唄」をつくることになり、網元の網代(あじろ)久三郎、松本旭江、俳諧(はいかい)師の石毛利兵衛が相談の結果、10首の歌詞をつくり、常磐津(ときわず)の師匠遊蝶(ゆうちょう)が『一つとせ』を母体に節付けをした。そして清元(きよもと)の師匠である川安楼のきん子が振をつけ、さらに前奏に「阿波囃子(あんばばやし)」、後奏に「早囃子」を加えてまとまったところで、川口明神へ奉納された。その後、銚子市松岸の開新楼が花魁(おいらん)の総踊りにこの唄を用いたため、沿岸部一円に広まっていった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銚子大漁節の関連キーワード秋田甚句踊り歌踊り口説き佐渡おけさ両津甚句酒盛歌相馬盆踊歌ハイヤ節盆踊歌三国節

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銚子大漁節の関連情報