コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子大漁節 チョウシタイリョウブシ

デジタル大辞泉の解説

ちょうし‐たいりょうぶし〔テウシタイレフぶし〕【銚子大漁節】

千葉県の民謡で、銚子市の酒盛り歌・盆踊り歌。元治元年(1864)大漁を祝って、網元の網代久三郎らが作ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうしたいりょうぶし【銚子大漁節】

千葉県銚子市の民謡で、大漁祝い唄。源流は「一つとせ」「心中節」。歌詞は1864年(元治1)に鰯いわしの大漁を祝して作られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子大漁節
ちょうしたいりょうぶし

千葉県銚子市の民謡。同地方の漁民がイワシの大漁のおりに歌ってきた祝い唄(うた)で、その源流は、江戸時代後期、読み売りや心中節売りの人々が歌っていた『一つとせ』とか『心中節』とよばれるものである。ところが1864年(元治1)銚子が未曽有(みぞう)のイワシの大漁でにぎわったので、その記念に「大漁唄」をつくることになり、網元の網代(あじろ)久三郎、松本旭江、俳諧(はいかい)師の石毛利兵衛が相談の結果、10首の歌詞をつくり、常磐津(ときわず)の師匠遊蝶(ゆうちょう)が『一つとせ』を母体に節付けをした。そして清元(きよもと)の師匠である川安楼のきん子が振をつけ、さらに前奏に「阿波囃子(あんばばやし)」、後奏に「早囃子」を加えてまとまったところで、川口明神へ奉納された。その後、銚子市松岸の開新楼が花魁(おいらん)の総踊りにこの唄を用いたため、沿岸部一円に広まっていった。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銚子大漁節の関連キーワード千葉県銚子市大漁唄大漁節大漁踊竹内源流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android