コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子大漁節(読み)チョウシタイリョウブシ

大辞林 第三版の解説

ちょうしたいりょうぶし【銚子大漁節】

千葉県銚子市の民謡で、大漁祝い唄。源流は「一つとせ」「心中節」。歌詞は1864年(元治1)に鰯いわしの大漁を祝して作られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子大漁節
ちょうしたいりょうぶし

千葉県銚子市の民謡。同地方の漁民がイワシの大漁のおりに歌ってきた祝い唄(うた)で、その源流は、江戸時代後期、読み売りや心中節売りの人々が歌っていた『一つとせ』とか『心中節』とよばれるものである。ところが1864年(元治1)銚子が未曽有(みぞう)のイワシの大漁でにぎわったので、その記念に「大漁唄」をつくることになり、網元の網代(あじろ)久三郎、松本旭江、俳諧(はいかい)師の石毛利兵衛が相談の結果、10首の歌詞をつくり、常磐津(ときわず)の師匠遊蝶(ゆうちょう)が『一つとせ』を母体に節付けをした。そして清元(きよもと)の師匠である川安楼のきん子が振をつけ、さらに前奏に「阿波囃子(あんばばやし)」、後奏に「早囃子」を加えてまとまったところで、川口明神へ奉納された。その後、銚子市松岸の開新楼が花魁(おいらん)の総踊りにこの唄を用いたため、沿岸部一円に広まっていった。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android