銚釐(読み)ちろり

精選版 日本国語大辞典「銚釐」の解説

ちろり【銚釐】

〘名〙 をあたためるのに用いる金属製の容器円筒形で、つぎ口と把手(とって)がついたもの。たんぽ
狂歌・後撰夷曲集(1672)八「淋しさに友松虫のねさけこそちんちろりにてかんをするなれ」
[補注]多く京都での称であったらしいが、安永一七七二‐八一)頃には江戸でもいわれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「銚釐」の解説

銚釐

中国から渡来した、酒を温めるのに用いる金属製の容器。主に(すず)か銀製。やや尻つぼみになった円筒形で、注ぎ口取手が付いている。今でもおでん屋などで使われている。銚子(ちょうし)、酒注ぎとも。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

食器・調理器具がわかる辞典「銚釐」の解説

ちろり【銚釐/地炉裏】

酒の(かん)をする、筒形で、つぎ口と取っ手がついた金属製の容器。一般に容量は1~2合で、湯せんで酒を温める。銅製・しんちゅう製・すず製などがある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android