コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚釐 チロリ

とっさの日本語便利帳の解説

銚釐

中国から渡来した、酒を温めるのに用いる金属製の容器。主に錫(すず)か銀製。やや尻つぼみになった円筒形で、注ぎ口取手が付いている。今でもおでん屋などで使われている。銚子(ちょうし)、酒注ぎとも。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちろり【銚釐】

〔「ちろり」と短時間に暖まるところからという〕
酒の燗かんをする道具。銅・スズまたは真鍮しんちゆう製で下の方がややすぼんだ筒形をしており、取っ手と注ぎ口がついている。湯婆たんぽ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ちろり【銚釐/地炉裏】

酒の燗(かん)をする、筒形で、つぎ口と取っ手がついた金属製の容器。一般に容量は1~2合で、湯せんで酒を温める。銅製・しんちゅう製・すず製などがある。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

銚釐の関連キーワードちろりスズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android