銚釐(読み)チロリ

  • 銚=釐
  • 銚釐/地炉裏

とっさの日本語便利帳の解説

中国から渡来した、酒を温めるのに用いる金属製の容器。主に(すず)か銀製。やや尻つぼみになった円筒形で、注ぎ口取手が付いている。今でもおでん屋などで使われている。銚子(ちょうし)、酒注ぎとも。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 酒をあたためるのに用いる金属製の容器。円筒形で、つぎ口と把手(とって)がついたもの。たんぽ。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)八「淋しさに友松虫のねさけこそちんちろりにてかんをするなれ」
[補注]多く京都での称であったらしいが、安永(一七七二‐八一)頃には江戸でもいわれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android