銚釐(読み)チロリ

  • 銚=釐
  • 銚釐/地炉裏

とっさの日本語便利帳の解説

中国から渡来した、酒を温めるのに用いる金属製の容器。主に(すず)か銀製。やや尻つぼみになった円筒形で、注ぎ口取手が付いている。今でもおでん屋などで使われている。銚子(ちょうし)、酒注ぎとも。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 酒をあたためるのに用いる金属製の容器。円筒形で、つぎ口と把手(とって)がついたもの。たんぽ。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)八「淋しさに友松虫のねさけこそちんちろりにてかんをするなれ」
[補注]多く京都での称であったらしいが、安永(一七七二‐八一)頃には江戸でもいわれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android