鋳塊(読み)ちゅうかい

日本大百科全書(ニッポニカ)「鋳塊」の解説

鋳塊
ちゅうかい

転炉や電気炉で精錬した溶鋼を取鍋(とりべ)に受け、温度調節、成分調整および脱酸後に鋳造し、凝固させた塊。鋼塊、インゴットingotともいい、この工程を造塊ingot makingと称する。鋳塊はその後、分塊、圧延あるいは鍛造され種々の製品となる。造塊では凝固、収縮、冷却のみでなく化学反応もおこり、複雑な現象が生じるので、これらの制御が最終製品の品質に大きな影響を及ぼす。

 鋳塊は脱酸の度合いによりキルド、セミキルド、リムド、キャップドの各鋼塊に分けられる。キルド鋼は十分脱酸され、静かに凝固する。上部に大きな収縮孔をもち、歩留りが低く原価は高いが、偏析は少なく内部は健全で高級鋼に適する。リムド鋼は未脱酸で一酸化炭素の発生によるリミングアクションがおこり、比較的純粋な外殻(リムrim)ができ、鋳肌(いはだ)がきわめてきれいで薄板に適する。歩留りがよく原価が安い。セミキルド鋼、キャップド鋼はキルド鋼、リムド鋼の欠点を補うべく考えられたものである。鋳型は鋼材種類に応じて下広か上広の扁平(へんぺい)型、角型、菊型がある。注入方法には上注と注入管、湯道を設けた下注がある。下注は注入速度が遅く原価が高いが、鋳塊の品質はよく高級鋼に適する。近年造塊工程は特殊鋼や大形鍛造品の鋳塊を除き、作業環境、歩留り、省エネルギー、省力化などの観点から工程を省略し、直接、溶鋼より鋳片をつくる連続鋳造にとってかわられている。

[井口泰孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鋳塊の言及

【インゴット】より

…狭義の〈鋳物shaped casting〉のように直接製品の形状を得るのではなく,製錬された金属をのちに圧延,鍛造などの加工や再溶解を行う目的で,目的に適した大きさ,形状に鋳造した金属塊のこと。鋳塊ともいい,金属が鉄鋼の場合には鋼塊ともいう。近代の金属製錬においては,ほとんどの金属が鉱石から液体金属として取り出されるから,一度インゴットに鋳込まなければならない。…

※「鋳塊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android