コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦小路頼徳 にしきのこうじ よりのり

4件 の用語解説(錦小路頼徳の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

錦小路頼徳

幕末の勤王家。七卿の一。頼易の男。字一貫、号翠園。安政勤王八十八廷臣の一。長門にて元治元年(1864)歿、30才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

錦小路頼徳 にしきのこうじ-よりのり

1835-1864 幕末の公家。
天保(てんぽう)6年4月24日生まれ。父は唐橋在久。錦小路頼易の養子。外交は幕府一任という朝廷の方針の撤回を要請し,攘夷(じょうい)を建言した。文久3年の八月十八日の政変によって京都を追われ,三条実美(さねとみ)ら6人と長州へのがれた(七卿(しちきょう)落ち)。元治(げんじ)元年4月25日下関で死去。30歳。字(あざな)は一貫。号は翠園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

錦小路頼徳

没年:元治1.4.27(1864.6.1)
生年:天保6.4.24(1835.5.21)
幕末の公家。唐橋在久の子,錦小路頼易の嗣子。安政5(1858)年,老中堀田正睦日米修好通商条約奏請のため上京した際,条約調印に反対する88卿列参奏上に参加。文久3(1863)年2月国事寄人となり,4月石清水社攘夷祈願行幸に供奉。7月,連署して攘夷親征を建議。しかし8月18日の政変で尊攘派勢力が後退するに伴って国事寄人は廃職となり,参内・他行・他人面会禁止の処分を受ける。三条実美らと協議の結果,長州西下を決定するが,この不法下向により官位を剥奪された。長州に滞留して上京の機を待つなか,下関にて病没した。辞世「はかなくも三十年の夢のさめてけり赤間関の夏の夜の空」。

(保延有美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦小路頼徳
にしきのこうじよりのり

[生]天保6(1835).4. 京都
[没]元治1(1864).4. 下関
幕末の尊攘派公卿。いわゆる七卿の一人。唐橋家に生れ,錦小路頼易の養子となり医道をよくしたが,国事に奔走し,文久三年八月十八日の政変 (1863) 後,長州藩に脱走し翌年客死。 (→七卿落 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone