コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直之 なべしま なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直之 なべしま-なおゆき

1643-1725 江戸時代前期-中期の大名。
寛永20年1月18日生まれ。鍋島直澄(なおずみ)の長男。寛文5年肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)藩主鍋島家2代となる。本藩の佐賀藩に無断で将軍に太刀,馬代を献上したためとがめられ,このことが佐賀藩が3支藩との主従関係をさだめた「三家格式(きゃくしき)」制定の遠因となった。享保(きょうほう)10年4月28日死去。83歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鍋島直之の関連キーワード鍋島直称

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android