コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島直之 なべしま なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋島直之 なべしま-なおゆき

1643-1725 江戸時代前期-中期の大名。
寛永20年1月18日生まれ。鍋島直澄(なおずみ)の長男。寛文5年肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)藩主鍋島家2代となる。本藩の佐賀藩に無断で将軍に太刀,馬代を献上したためとがめられ,このことが佐賀藩が3支藩との主従関係をさだめた「三家格式(きゃくしき)」制定の遠因となった。享保(きょうほう)10年4月28日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鍋島直之の関連キーワード鍋島直称

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android